【クシタニ エクスプローラージーンズ】1年使って分かった。これは本当にすごいジーンズだ!!

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

バイク乗りの悩みに服装、ありますよね。
①ライディングだけなら攻めた格好でもかっこいいけど、ちょっとお店にはいったり、街をふらつくのに、あんまり攻めたラインダーズは・・・
②朝晩で気温の変化が激しい時、なにを着ていこうか・・・
③なんかちょっと雨ふりそうだけど、レインウェアもってくのメンドイなぁ・・・
などなど。
今回はそんな悩ましいバイクウェアの中でも特に悩ましいライディングパンツの中で、秀逸だと自信をもっておすすめできる1着を紹介したいと思います。

世界旅のライディングパンツはどうする?

そんなのジーパン1枚持ってきゃいいだろ。
という意見もあるでしょう。これはもう程度のはなしで。
ぼくは出発までに時間的な余裕もあるし、長期で行く予定なので現地での出費を減らすためなるべく良いギアを日本で準備・馴らしておく というのが基本スタンスです。
その上で、服装というのは実は一番頭が痛い。バイク世界旅の服装に求められる条件は

・なるべく全天候対応
・欲を言えば完全防水
・耐久性
・耐久性や防水性の持続性
・街歩きにもなじむ
・テントサイトでの行動を制限しない
・洗濯可能
・原色系を避ける
・あらゆる季節に対応

などなど、挙げればきりがないのだけど、
まず、ガッチガチのライダーズは高性能なものも多い反面、見た目がガチ過ぎて海外の街ではなじまない(日本でもか)。それにプロテクションがききすぎてると、テントサイトでの動きに不自由したり、現地での散策に向かない。
ということで、なるべくタウンユースにも振れた カジュアルなものがいい。
それはいいとして、難しいのが全天候・全季節に対応するという点
実際はそんなパンツは存在しない。
夏の湿気を逃がすよう透湿性が高ければ、とうぜん生地の厚みは薄くなり防寒性や防風性に難がでる。その逆も然り。バイクと同じで、各条件とそれを満たす項目というのは常にトレードオフの関係なわけだ。
というわけで、ぼくのパンツに対する考えとしては

①基本となるオールシーズン型パンツ
②防寒用のインナータイツ
③夏用のオーバーパンツ
④冬用のオーパーパンツ

を組み合わせて温度管理をするという結論に至りました。
幸い日本は 夏はクソ暑いし冬は場所によっては氷点下になる。さまざまな条件をテストできる地理条件。上の4つの組み合わせで今のところはクリアになっています。
この内、最も大事な①の基軸となるパンツが今回紹介するクシタニのエクスプローラージーンズというわけです。

クシタニ エクスプローラージーンズ

こちらが、
KUSHITANI EXPLORER JEANS クシタニ エクスプローラージンズ EX-1216
見た感じは割と地味なオーソドックスなジーンズ、って感じでしょうか。
スペックをみてみましょう。

・材質
表面:北米産ステア本牛革
裏地:ポリエステル100%メッシュ
・日本製
・カラーはブラック/インディゴブルー
・サイズは 28inch~36inch
・丸洗い可能!本革なのに!
・特殊フッ素加工による高い撥水性
・膝部分にプロテクション装着可能(付属はしないよ)
・税込 61,600円 た、タケェ・・・( ;∀;)))

なにより驚くべきが、本革なのに丸洗いができるというところ。
詳しくみていきましょう。

エグザリートレザー

エクスプローラージーンズに適応されているエグザリートレザー。詳しいメカニズムはよく分かりませんが、表面だけではなく革の深部にまでフッ素を浸透させることで、夏には高い透湿性を、雨には高い撥水性を発揮するとのことです。
それだけではなく、この技術により本革でありながら洗濯機で丸洗いが可能!
バイクウェアは排ガスや虫の死骸など、見えない汚れが徐々に付着していくので、レザーウェアとはいえ洗えるのは嬉しいですね!

レビュー★

こちらが、ぼくが約1年着用しているエクスプローラージーンズ。

後ろはこんな感じ。地味と言えば地味だけど、飽きのこないスタイルです。
細かくみていきましょう。

正面のボタンには “EX” のロゴが。

ステッチも、日本縫製でとてもきれいで見ていて気持ちがいいです。

ひとつひとつの金具にも “EXPLORER JEANS” の刻印が。芸が細かいですね。
ユーザーでも気づいてないひといそう笑

構造はダブルウォール構造になっていて(テントかよ)、裏地にメッシュがあてがわれているため汗ばんでいてもスムーズに脱ぎ履きができます。

これが、かなりいい。革特有の脚の通しづらさなどが皆無です。

後ろポケットのステッチは、、、、よく見るとクシタニのロゴだ!

随所に “EXPLORER” のロゴがみられます。

洗濯後干すのにも、掛けて保管するにも便利なフックベルトがついています。

タグ。

生地表面のアップ。とにかく質感がいいです。においもいい。

エクスプローラージーンズでバイクに乗ろう

じゃあ、実際にバイクに乗ってみましょう。

正面。ぼくは、身長:173cm 体重:65kg 太ってもいないし、痩せてもいないです。ウェストは約76cm(イャン(*ノωノ))。ちなみにサイズは30インチ。
少し足首付近がダボつくくらいがちょうどいいです。
ごてごてのライダーズじゃない感じがいいです。これで普通に街歩きしても、そんなに違和感ありませんよね?

後ろ側。そこはかとなくライダーズっぽくていいですね。
ちなみに、防寒性はそこそこありますが、防寒用ウェアではなく、オールシーズンなので、中にインナーを履くことを考えたらサイズには少し余裕をもったほうがいいでしょう。

横から。シューズはガエルネのタフギア フラット。構造的にも材質的にも、ブーツインより、被せた方が見た目的にもしっくりきます。
後述の通り撥水性はかなり高いですが、完全防水パンツではないので、オーバーパンツを履くことを前提とすればあんまりダボついたサイズもおすすめではありません。

またがるだけでも足首のもたつき感はなくなります。

さすがクシタニ製だけあって、バイクに跨った時に一番しっくりくるよう裁断・縫製されている。

あとは車種によりけりですが、レーサーレプリカやSS乗りのバックステップだと膝の曲がりも大きいため、それなりに足首に余裕のある裾上げをしておくのがいいでしょうし、よりアップライトなポジションであればダボつきを抑えるために、もうちょい上げてもいいかもしれませんね。
※裾上げは購入時、クシタニの店舗でやってくれます。

膝部分にはプロテクターを入れることもできます。ぼくは、ちょっとポジションきつめなので今はいれてませんが、テネレに乗る時は入れようかな。
膝とか肘って、血液供給が少ないから、特に冷えやすいです。なのでプロテクターをこういうとこに入れると防寒の役割にもなるんですね。

そしてやはり革なので!全然滑らないのもいい!
パンツとシートが滑るとブレーキングの度に体が前に持ってかれたりしてけっこうストレスですよね?
エクスプローラージーンズは、シートとのグリップがすごいので、ほんとに全然滑りません。

撥水性やいかに

結論から言うと、エクスプローラージーンズの撥水性は素晴らしいです。
今までも撥水素材のパンツなどいろいろ経験しましたが、

・徐々に撥水性が劣化する
・なんだかんだ浸水する

といった不満がありました。
このエクスプローラージーンズは、先述のエグザリートレザーが秀逸なのでしょうか、とても不思議な素材だなぁと感じるくらいバッチリ撥水するし、気づいたら何事もなかったかのように乾いているのです。

雨の日の写真がないので、上の写真をご覧ください。
左が風呂場でシャワーをぶっかけたところ。そして右がその5分後くらい。
嘘だろ?と思うかもしれませんが、これが本当にこんな感じで乾くのです。
しかも、内側への浸水は皆無です。

HPトップの写真では、上のように水玉のように撥水することがフィーチャーされてますが、実際雨の中走行すると、さすがに見かけ上は左写真のように「濡れた」状態になります。しかし、室内に入ってしばらくしたら元通りになるというのは、なんとも不思議です。しかも革なのに・・・当然ですが、濡れる前後で質感などに変化はありません。
クシタニのHPでは、「多少の雨なら」と謙虚な記載がみられますが、けっこうな雨のなか1時間程度走っても、脚が濡れることはありませんでした。
※ただし、完全防水ではありません。昨今のゲリラ豪雨などを考えるとオーバーパンツを履くことを考えて、あまりダボ着いたサイズにはしない方がいいでしょう。

 

まとめ

クシタニ エクスプローラージーンズ、秀逸なライディングパンツです。
僭越ながら、良い点と改善点をまとめてみます。
Good👍

・5℃~30℃ くらいの全天候で履ける
・単独でかなりの撥水性をもつため、ある程度の雨なら他の防水対策が不要
・しかも撥水性は半永久的に持続
・洗濯機で丸洗いできる
・それによる色落ちはクシタニで再染色できる
・他、修復などのアフターケアもクシタニに頼めばやってくれる(よね?)
・購入時、店舗で裾上げしてくれる
・インナータイツやオーバーパンツと組み合わせれば、あらゆる季節・気候条件に対応できる
・質感がいい
・においがいい
・つくりがいい
・シートとグリップして滑らない
・たぶん20年は使える
・耐久性も高く、ちょっとした擦れなどではビクともしない
・オーソドックスなスタイルが逆に飽きない

もうひと押し👉

・高い
⇒これは仕方ない。品質なりの金額だと思う。
・重い
⇒これは、よくも悪くも。ある程度の重さが心地いいってのもあるし、耐久性とトレードオフです。
・ポケットがやや取り出しづらい
⇒これも性質状仕方ないのかな、もう少し大きめのほうが扱いやすいかも。

忌憚ない、正直なレビューをこころがけてますが、それを鑑みてもべた褒めするしかありません。本当につくってくれてありがとう、という気持ちになります。
気軽に買える金額ではありませんが、長く使えることを考えても 後悔しない買い物になること間違いありません。
裾の位置とサイズだけ気をつけてね。
いくつかモデルがあるので、クシタニショップでの試着を推奨しますが、一応リンク貼っておきます。