【バイクの話】スーパーナット全自動充電器が便利

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

みなさん、バイクのバッテリー充電どうしてますか?
寒くなってくると気になる充電 今回はアマゾンでも人気No.1 、実際つかってみても大変便利な12V用充電器を紹介します。
TAKIBI

スーパーナット全自動12Vバイクバッテリー充電器

こちらが
SUPER NATTO スーパーナット BC-GM12-V 全自動12Vバイクバッテリー充電器

特徴をまとめると

✓12Vバイク用バッテリー(密閉型・シールド型・開放型、MF型、AGM型、ジェル型)に対応 ※リチウムイオン型には非対応
✓サルフェーション除去機能はなし
✓外形寸法: 長さ85mm、奥行52mm、高さ33mm、ケーブル長150mmワニ口ケーブル、車両ケーブル除く)
✓出力電圧:13.5V~15V
✓出力電流:750mA(最大値)
✓中国製
✓12ヶ月保証・PL保険付
✓IP65準拠の防塵・防滴性能
✓PSE認証品
電圧の自動検知機能
・動作中は常に電圧を検知し、状況に応じて充電電圧を自動調整します。
・5V以下まで深刻な過放電を起こしたバッテリーは充電対象外です。
全自動充電

・充電とメンテナンスを全自動で行います。
・バイクに乗らない期間は充電器をバッテリーにつないだままでOKです。
エラー完全保護機能

・逆接続保護、ショート保護機能付き、トラッキング防止用の絶縁カバー付き。不慮の事故に備えます。
LED表示

・充電、メンテナンスの状況が一目でわかります。
充電ケーブルの簡単切り替え

・車両ケーブルとワニ口クリップを用途に応じて簡単に交換できます。

といった感じ。見た目のチープさとは裏腹になかなか高性能なヤツ。


車両ケーブル繋ぎっぱがおすすめ

というわけで、実際の使用状況をみてみたいと思います。
スペックにもある通り、バッテリーと充電器の接続は

・ワニ口クリップ
・車両ケーブル

の2通りの方法で行うことができますが、
ワニ口ケーブルを使う際は当然バッテリーを露出させなければなりません。
でも、
バッテリー露出させるの、けっこう面倒・・・
ですよね?
なので個人的なおすすめとしては、車両ケーブルをバッテリーに接続しておいて、充電の際はその”ケーブルを車体から引っ張ればいいだけ”の状態にしておくことを強くおすすめします。

車両ケーブルのとりつけ

上が充電器本体、下が車両ケーブルです。
今回はワニ口クリップにはあえて触れません!(使わねーからどっかいった)

まずは車両ケーブルを取り付けましょう。

車両ケーブル先端はこのような端子になっており、
黒→-
赤→+
ですね。

これは車種によっていろいろですが、ヨンダボはシート下にバッテリーが収まっています。車両によってはシートカウル外さなきゃならないとかもありますよね・・・ バイクって、特に旧車はメンテ性度外視けっこう多い・・・
シート外すだけですが、仕事帰りとか、、、面倒なんですわ。

シートを外すとこのようにバッテリーちゃんが姿ちゃんを現すちゃんですね。

取り付けは簡単。先ほどの端子を他の端子と一緒にバッテリーに留めます。

これだけ!あとは、この車両ケーブルをどこの収納するか。

ぼくはすぐ後ろ側のタンデムシート下にケーブルをくぐらせて、そこに収納しています。これならキーでタンデムシートを開けるだけで車両ケーブルにアクセスできるわけです。

タンデムシート下、収納ボックスに車両ケーブルを設置。

充電する

車両ケーブルの設置が済めば、充電は超ストレスフリー。
まずはタンデムシート開けて車両ケーブルを取り出し、充電器のケーブルと接続。

こうすると、バッテリーから充電器に電力が供給されてますよ、という合図で緑と赤のランプが点灯します。これが点灯しないようであれば、電圧不足で充電はできません。別途ブースターなどが必要でしょう。

そしたら、充電器の反対側のケーブルをコンセントにぶっ差して、終了。
メインテナンス充電機能があるため、過充電の心配もないため、このまま放置すればOKです。
ちなみに写真の状態は

このように3つ全てのランプが点灯しているため、概ね充電完了の合図です。
満充電にはかなり時間がかかりますが、満充電されると緑ランプだけ点滅に変わります。

冬場など、なんかセルが弱いかも と感じたら、帰ってすぐこうやってコンセントにつなぐだけって、とても楽でいいです。楽なことは継続する。だからバッテリーも長持ちする と。

インジゲーター

モデルや紹介ブログ、動画によってちょっとまちまちなのと、当方説明書を紛失してしまった上にメーカーHPに記載がないのでイマイチ信憑性に欠けますが、たぶん以下の様な対応であっていると思います。

バッテリー電圧が低すぎて充電不可 ●””点滅 ●””点滅
充電器に電力供給がある
充電中
ほぼ充電OK
満充電完了→維持充電 ●””点滅

 

まとめ

スーパーナット、全自動充電器 いかがでしょうか?
車両ケーブルを接続しておけば、いつでも簡単に充電が行えます。
機能は多くありませんが、価格にしては十分な機能があり、日々のメンテ充電としては全く問題ありません。
バイクライフの充実に、おすすめです。



ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: 


バイク王