愛猫遍歴

生まれた時から家に猫がいて、家族みたいなもんでした。

猫を追いかけてハイハイから初めて立ち上がったらしい。
よく 猫好きだよね とか言われますが、
好きというか、家に帰ったら母親がいるのと同じように、猫がいて、まぁだから家族なわけです。

この猫はじょじょ。

生まれる前から家にいた重鎮猫で、ついにぼくや姉になつくことはありませんでした。とっても賢くて、ドアとかは自分であけてましたねぇ。19歳で死にました。

こいつはたま。ぼくが小学生の時に護国寺でカラスにつつかれているのを助けてきたのです。あの時、連れて行った獣医さん、無償で手術をしてくれた。今会えるならお礼を言いたいけど、どこの獣医だったかもさっぱり覚えていない。たまは、猫白血病を発病して、短い命を幸せにまっとうした。

じょじょとたまは数年間オーバーラップしてた。

死んだたまを父親の実家に埋めに行った日、神社に捨て猫が。これは運命だとかなんとかわけのわからないことを家族で言い合って家に連れて帰ることに。

白黒がじじ 白いのがサラ

獣医いわく、ふたりは姉妹。全然違うけど、確かに顔つきとかは似てる。

じじは魔女の宅急便からとった名前。いつもビクビクしていてでかいネズミみたいな猫。

サラは大きくなるとだんだん色が濃くなって、ほとんどたぬきみたいに。なので家族誰もサラとは呼ばずいつからかポン太ポン太とよぶように。

じじは19歳と11か月で猫生をまっとうし、逝きました。

ポン太は現在21歳。もう目も見えないようでヨチヨチ歩きでいつも寝ているよう。実家に帰った時は、ぼくの事はもう忘れているようだ。このまま、尻尾が分かれて妖怪猫又になって、ずっと生き続けてくれないか と願う。