愛車紹介

バイクの紹介です。

YAMAHA Tenere700

世界旅の相棒に選んだバイク。
→世界旅の相棒をどうするかの悩ましい思考過程は【世界旅の相棒は?どんなバイクが適しているか】をどうぞ!

いろいろと悩んだ結果、最終的には勢いで決めたテネレ700。

詳しいスペックに関しては
【新型テネレ700 ついに日本でも発売決定】を!
待って待って、ようやく納車された時の喜びはひとしおでした。
今となっては、これ以上世界旅に適したバイクはないんじゃないかと思えてしまいます。
まじでカッコよすぎて、
とんでもねーもん手に入れちまった、そんな思いにさせてくれるバイク、
Yamaha さん やってくれましたね。
【tenere700 インプレ】

HONDA CBR400RR

今では貴重となった4気筒の400cc。レーサーレプリカブームの真っただ中ホンダからリリースされた1991年式のキャブ車です。
当時はRVFを筆頭とするV4がレースで大活躍していたため、ホンダ的には公道向けレプリカの指向が強かったようです。

クランクシャフトとカムシャフトのタイミングをベルトやチェンではなくギアで行うカムギアトレイン。おそらく所有したことがある人なら聞いただけでこの車種だと分かる独特なサウンドです。
パワーダウンされる前の59PS。パワーバンドに入ると、カミソリのような加速感を味わえます。
フレームは今ではおそらく不可能なアルミ製LCGフレームとキャスティック・ガルアームという贅沢なつくり。

実は最初はRothmansカラーでした。
これはこれでかっこよかったんですが、Mr.Horsepower (ウッドペッカーの前身)が好きで、オールペンしてしまいました。

タンクにペイントされたMr.Horsepower

低速トルクは弱いですが、7,000rpmあたりから気持ちを煽るような音を奏でます。乗りやすく、とてもいいバイクです。末永く大切にしたいと思いますが、出発後は、友人に名義を変更して維持してもらう予定です。

MAGNI MV AGUSTA mini moto

これは20年以上前どこかのバイク屋に展示されていたもの。公道走行不可!

空冷シングル2ストローク 50cc
鋳鉄ボア39.0mm×ストローク41.8mm シリンダー
Dellortoキャブレター
キックスタート
フライホイールマグネトー点火
湿式遠心クラッチ

世の中に存在するあらゆる50ccの中で最もカッコイイと勝手に思っております。