【バイク用冬グローブ】WEST RIDE: Classic All Weather Standard Glove を1年使ってみて

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

冬のバイクは寒い。
「暑い日は暑く、寒い日は寒く、雨が降れば濡れる これバイクなり」
とかなんとかいっちゃったって、結局寒いのがいいなんてドMな人はごく僅かで、バイク乗りだって日々防寒や防水のギアを探し求めているわけです。
特に手はただでさえかじかみやすい上に、バイクではもろに走行風を受けるため、冬用のグローブをなににするかというのはとても悩むところ。

というわけで、今回はぼくが1年間使ってみた表題のグローブのレビューをしたいと思います。

マウンテンシティ

West Ride Tokyo

実家の近くに目黒通りがあり、目黒通り沿いは面白い店が沢山あるので、ヒマな休日などはよくこの通りをぶらぶら歩いたりしていました。

https://www.w-river.com/shop/westride-tokyo/

そんな中に、店の前に立派なハーレーを鎮座させる店が・・・・サイドバルブか・・・? 初見はスルーしてしまったが、後に先輩ライダーメタボンさんの行きつけの店であることを知る。

https://www.w-river.com/shop/westride-tokyo/

モーターサイクル関連のウェアを中心に扱っており、カジュアルなパーカー・Tシャツなどからハードな革ジャンまで、幅広く店内に展示されている。

ディアスキングローブが紹介された

そんな感じで、頭の片隅にWest Rideという店はあったのだが、どちらかというとSS寄りの志向が強い自分にとってはちょっと毛色がちがうかなとも思っていた。その後、世界1周を考えるようになり、いろいろな道具を吟味するにあたり、先輩ライダーメタボンさんのブログにて以下の記事を見る。

【WESTRIDE】ディアスキングローブがオススメの理由

これを見て、
ん? WESTRIDE って、あの店じゃん!
となり、店を再訪。ちょうど真冬に差しかかろうかという時期だったこともあり、グローブを購入した。

Classic All Weather Standard Glove

ぼくが購入したのは
CLASSIC ALL WEATHER STANDARD GLOVE

以下スペック!

〈素材〉
Deer Skin (鹿革)
〈価格〉
¥21,780 (税込)
〈装飾・適応テクノロジー〉

・ROUGH OUT PADD
・GATHERD WRIST
・100G THINSULATE INSULATION
・SYMPATEX

〈詳細〉
MADE IN USA
THINSULATEとSYMPATEXを使用した耐寒防水MODEL。手首周り全体が隠れるSTANDARDな長さのGLOVEになります。
1897年ワシントン州セントラリアでジェームス・チャーチルによって創業したCHURCHILL GLOVE社へ別注するNEWライン。LEATHERのカシミアと呼ばれる最上級のDEERSKINを使用した同社の代表的MODELをベースとし、掌に充てたWESTRIDE独自の低反発のウレタンフォームパッドシステム、パターンを採用し操作性、耐久性を向上。通常ラインのチャーチルグローブの2倍以上の耐久性があるのも納得の出来です。
DEERSKINは柔軟性や通気性・吸湿性が高く、他のLEATHERと比較しても硬化しにくい特徴を持つため「天然の機能性素材」と言われる程の高性能素材。フィット感にも優れRIDINGの際の長時間の使用でも不快感も無く非常に丈夫。また使い込むことで使用者の手の形により一層馴染んでいきます。
薄くて暖かいのコンセプトで作られた高性能中綿素材のTHISULATEを採用し保温性を確保。SYMPATEXはフィルム状の素材を3層に重ねた素材。3層にすることで高い防風性・防水性・透湿性を実現しました。これにより秋冬の厳しい環境下でのRIDINGに耐えうる仕様となりました。

〈サイズ〉
XS  S  M  L  XL  の5サイズを展開

〈色〉

ホワイト ブラック ゴールド の3色を展開

実際に使ってみて

まず、グローブを色んな角度から見てみましょう。

ブレーキレバーを握ったところ

装着感は、最初は「けっこう分厚いな」という印象があり、やや握り心地に抵抗がありましたが、しっかりした革製品というのはみんなそういうもんです。自転車の革サドルや野球のグローブなど、ある程度の「馴染み期間」というのがあります。

ただ、だいたい3ヶ月くらい使っていると革が手の形に馴染みだし、固い握り心地などはほとんど気にならなくなりました。これは布製のものにはない感覚です。

手のひら部分には特殊なパッドがアプライされており、剛性を高めると共に高いグリップ性がある。特にアクセルワークでは、レーサーレプリカのような数ミリのコントロールが必要な場合も感覚的に全然問題なく、しっかりとグリップしてくれます。だいたいこのようなパッド、1年くらいしてくると端の方が剥がれたりしてくるのですが、見ての通り、全く変化なしです。

製作はアメリカのChurchill Glove 社
Made in USA
3M Thinsulate 中綿による高い保温性
Synpatex レイヤー構造による防風・防水性

縫製技術が高いのか、けっこうな酷使を1年間つづけても、糸のほつれなどは一切認められない。この辺がほつれてくると 「なんかやだなぁ~」という感じになるのはバイク用グローブに限った話ではないですよね?

ウィンカーやライトの操作が多い左手の親指。ここはさすがに革の表面に擦れがでてきているが、革そのものが非常に厚く丈夫なため、ほんのかすり傷程度といった具合だ。

確かに税込みで2万を超える金額は決して安くないが、これなら10年くらい使えてしまえそうだし、そう考えたら価値ある出費だと思う。

肝心の防寒性は?

とまぁここまで褒めちぎってみたが、では肝心の防寒性や防水性はどうなのか?

防寒性に関しては

『冬用グローブの中では防寒性はかなり高い部類』

という結論。いろいろな冬グローブがありますが、それらの中でもかなり厚みがあり、Thinsulate中綿による保温とSympatex のレイヤーによる防風も相まって、真冬でもかなり寒さから手を守ってくれる。

ただし! やはり長時間乗っていると、手はかじかんでくるし、気温が5℃くらいか、それ以下になってくると手の冷えは避けられないでしょう。これはおそらく、どんな高性能なグローブでも同じことだと思います。これ以上は、ハンドルウォーマーをつけるか、電熱グローブ・グリップヒーターの力を借りるしかありません!

また、防水に関しては 当然ながら完全防水ではありません。何度か予期せぬ大雨に見舞われましたが、長時間強めの雨に打たれ続けると、少しだけ染みてきます。ただ、革は非常に柔らかいため、水分が乾けばほぼ元の状態に戻りました。一度濡れて乾いた革がカピカピになってひび割れてくる、というような事は全然なく、小雨程度ならオーバーグローブなどなしでも全然大丈夫そうですが、長く愛用するために、雨の日はオーバーグローブなどを併用したほうがいいでしょう。

まとめ

1年間使ってみた結果、Classic All Weather Standard Glove のいいところは

・革が柔らかく、手に馴染んでくる楽しみがある
・手に馴染んでくると非常につけ心地がいい
・鹿革独特のいいにおい
・ある程度の雨だったらへっちゃら(完全防水ではない)
・とにかく丈夫で、安心感がある
・グリップがしやすい

というのがいまのところの結論で、このグローブを「冬・通常時」のグローブとして世界旅に持っていく予定です。

関連記事
【West Ride Classic Short Vented Glove を 夏用グローブに!】


ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: 


バイク王