【SOTO ストームブレイカーの使い方】番外編 CB缶をつかえるか!

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

バイク世界旅に持っていく予定のガソリンバーナー

【SOTO ストームブレイカー】

このバーナーはOD缶での使用とガソリンでの使用が可能なハイブリッドであることは以前の記事で紹介しました。
【SOTO ストームブレイカー OD缶での使用法】
  【SOTO ストームブレイカー ガソリンでの使用法】
今回は番外編として、CB缶、すなわちそこらへんのコンビニでも売ってるカセットボンベでの使用方法を紹介します。

なぜCB缶か

まず最初に、CB缶での使用は正規の使用方法ではありません。従って、

・顔面爆発
・自宅全焼
・家族からの「なんかガス臭くね」という小言

などなど一切の責任は負えませんので、あくまで自己責任での運用をお願いします。
さて、OD缶・ガソリンでのハイブリッド使用が可能なのに、なんでわざわざCB缶をつかってトリプルパーパスにしようってのか。というと、

・OD缶はどこでも手に入る汎用性の高いものではない
・OD缶は高い

というのが最大の理由です。
世界ツーリングにおいては、各道具の燃料調達が現地で可能かどうかというのが非常に大切なうえに、出発後は極力出費を抑える節約ライフに突入するので、OD缶なんて贅沢ガスはなかなかつかえないし、そもそもあまり手に入らないわけです。したがって、OD缶は持ち物の中には入らないことになると思います。
それに加え、ガソリンは生命線。バイクのバッテリーを介して各種モバイル類の充電にも必要なため、極力消費量はおさえたいもの。なので、点火の簡便さなども踏まえ、安直なガス缶はバーナー燃料の選択肢として温存しておきたい。
となると白羽の矢が立つのが CB缶 つまりカセットボンベです。飲み屋で鍋とか注文して、
「カチカチッ あれ、点かない 店員さーん 点きませーん」
っていうと店員さんが持ってきて交換するあれです。

店員さん持ってくるあれ

CB缶の魅力は

・アフリカのスーパーなどでも同じ規格で手に入る
・つまり世界中で手に入る
・安価

というところにある。
これをストームブレイカーに応用できれば、

基本はCB缶で使用

低温時やCB缶がなくなった時はガソリンで使用

大きな都市でCB缶を調達

というサイクルでストームブレイカーを運用することができるのだ!
こんな理由から、ストームブレイカー CB缶での使用法を検討することとなったわけです。

CB缶とOD缶の比較

一応、どれだけCB缶が安価なのか、SOTO純正のOD缶と比較してみましょう。

このように、グラム単位当たりの金額はCB缶の方が45%程お得ということです。勿論、耐低温性などは、OD缶の方がいろいろ考えられてつくられているとは思いますが・・・

準備

まずはCB缶を用意します。コンビニでも売ってます。


バーナー本体側は、今まで紹介した使用法と同じように三脚を開き、ホースを準備しておきます。

そして今回のキーパーソンがこれ、
カリフォルニア パティオ CB缶OD缶アダプター!!

このアダプターは、一方がSOTOのOD缶使用用のガスバルブ、一方がCB缶に装着できるようになっています。これで、SOTO純正のガスバルブをCB缶に装着できるわけです。


※CB缶OD缶アダプターは他にもありますが、SOTO ストームブレイカーのガスバルブにマッチするのはカリフォルニアパティオのものです。

まずはガスバルブとアダプターを装着します。時計回りにねじ込みます。
次に、CB缶を装着していきますが、

その際に、CB缶の切れ込みと、アダプター側の突起部分が咬み合うように装着します。

こちらはスクリューではなく、ソケット方式なので、押し込んで・回すかんじです。

これで、CB缶とガスバルブが連結されました。なんか、かっこいいような、ダサいような・・・・

フレキシブルホースをガスバルブのチャックにつないで、準備完了です。

点火

まずはこのようなポジションで点火していきます。

この時、先ほどの切れ込み部分が上向きになるようにします。OD缶の時もそうでしたが、ストームブレイカーでガスを燃焼させる際は、点火と消火を気化相でおこないます。CB缶をこの向きにすることで、缶内部にある管が、気化相のガスを取り込んでくれます。

例のごとく、点火の際はすぐに点火できるようにスタンバっておきます。

→ 点火に使っているは【スパーカー】の記事を!

ガスバルブの調整つまみを開け、点火します。この状態で約5秒、ジェネレーターを暖めます。

そうしたら、CB缶を写真のように逆さまにしちゃいます。これで、缶内の液化相から供給されるようになります。

場合によっては炎が赤みを帯びてたりするので、そうしたら火力調整つまみを更に開放し、ガスを多めに供給してやると、すぐ青い炎に安定します。

火力の調整はOD缶と同様、ガスバルブの調整つまみで行います。ガソリンに比べ、やはり細かい火力調整はしやすいです。

安定した火力。

消火

消火する時は、調整つまみを閉じる前に、点火の時と同じ位置にCB缶を倒します。

5秒ほど待ったら、調整つまみを完全に閉じて消化します。消火後は、バーナーが冷めてから、ホースやアダプターを外しましょう。

まとめ

ストームブレイカーへのCB缶の応用、いかがでしょうか?

火を確保する上で

ガソリン
CB缶

この両方が1つのバーナーでまかなえるというのは正直かなりきてます。

今後は、各燃料の燃焼効率や耐気候性、耐低温性なども比較してみようと思います😊


関連記事
【SOTO ストームブレイカー概要】
【SOTO ストームブレイカー OD缶での使用法】
【SOTO ストームブレイカー ガソリンでの使用法】
【SOTO ストームブレイカーに最適な収納は?】
【ストームブレイカーの構造徹底解析 スマートポンプ編】
【ストームブレイカーの構造徹底解析~バーナー編】
【ストームブレイカー 結局メンテに必要な道具は?】
【ストームブレイカー交換パーツのストックリスト】