【バイク用グローブ 厳冬期】West Ride Classic All Weather Guntlet Glove

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

多くの天候や気候に対応する上で、体の方はレイヤリングをすることで汎用性をもたせることができますが、
手先・足先に関しては「重ね着」とかができないぶん更に悩ましいところではあります。

今回は、厳冬期 あるいは極寒時に使用するグローブを紹介しようと思います。

常時~夏は

もはやTシャツ1枚で乗りたくなるような季節では、West Ride Classic Short Vented Glove を夏用グローブとして使っています。
適度な薄さと穴あきで、夏でも快適にグリップしてくれる良いグローブです。

外気温帯にして 10℃弱~25℃ くらいの気候には、West Ride Classic All Weather Standard Glove が常時用グローブとして活躍します。

Classic All Weather Guntlet Glove

Classic All Weathe Standard Glove は、だいたい10℃くらいまでと書きましたが、それよりも寒い時に使用するのが、

West Ride Classic All Weather Guntlet Glove です。
(※たぶん Gauntlet のスペルミスだと思うのですが、一応HP記載では Guntlet となっています。)

手首より上はおそらくスタンダード・モデルと大きな違いはないと思うのですが、革の厚みやインサレーションの量に違いがあるのかは不明です。

材質は他のグローブと同様鹿革。

掌部分にアプライされたウレタンフォーム・パッドも、他のグローブ同様 最高の耐久性を与えてくれています。

製造は Churchill Glove 社への別注ラインで、通常ラインのチャーチルグローブの2倍の強度 という触れ込みはスタンダード・モデルなどと同じです。
SympaTex のメンブレンによる防風・放水・透湿性と、Thinsulate の封入による保温性も同様ですね。
Made in USA.

各縫製の丈夫さは、既にスタンダードグローブを2年程つかって実証されています。
気になるほつれなどは、今のところ皆無です。

厳冬期 極寒時はガントレットが効く

このグローブの最大の特徴はなんといっても手首から前腕部までをすっぽりと覆うガントレット構造です。

このロングカフ内面はアクリルボアが敷き詰められているため、さらに耐寒性を高めています。

以前スタンダードモデルの記事や、他の記事でも言及している通り ある程度以上の寒さになると全体的な防寒どうのというより、隙間から侵入してくる冷気をいかにシャットアウトするかで体感温度がかなり変わってきます。
殊 手回りであれば、ライディングジャケットの袖とグローブの隙間がそれにあたります。

このロングカフのおかげで、袖の隙間から冷気を感じることはもうありません。

 

手首部分のベルトストラップは、正直そこまで調節性が高いとはいえませんが、
少しだけ絞っておくことでよりフィットをシビアにすることはできます。
あまり締めすぎると着脱が難しくなってしまうので、そうならないギリギリのところで締めておくと、着脱もスムーズで、隙間も埋めてくれるわけです。
※他の2つのグループもそうですが、手首部分にはベルクロやマジックテープなどは無いものがおすすめです。

ラインディングにて

こんな魔女の宅急便でニシンのパイをつくってたおばあちゃんがしてたミトンみたいなグローブ、ライディングに使えるの?
と思ったかもしれませんが、そこはWest Ride ですから、全然問題ありません。

勿論、革の厚みもあり インサレーションや Rough Out Pad もあり、新品の時はそれなりに「硬さ」を感じます。
が、鹿革は驚くほど手の形や動きに馴染むスピードが早いので、なるべく沢山手につけてつかってあげてれば、数か月であなたの手にフィットしてきてくれるでしょう。
管理人は通勤などでほぼ毎日のようにつけてましたから、2か月程度でほぼ馴染みました。
Brooks の革サドルがお尻の形に馴染むまで泣きたいような「ケツの痛み」に耐えなければならないのに比べたらなんとありがたいことでしょう。

フロントブレーキ、クラッチ操作はライディング特有の動きなので、是非「装着してバイクに乗りまくって」ください、
それがバイク用グローブとして革グローブを快適なものに育てる最高の手段ではないでしょうか。

ちなみにテムレスグローブのようにグローブの内外で❝滑り❞のような事もないので、厚みに反して意外とピーキーなアクセルワークにも対応すると思います。
今回はCBR400RRで撮影してますが、実際の旅の車両 テネレはパラツイン。そんなに微妙なアクセルワークが必要かといわれたらそんなことはないのですが、
逆に雑なアクセルワークをすると、低速ギア時のドンつき感がひどかったり、Camel ADV の 1 Finger Clutch Arm により非常に軽くなったクラッチ操作とのバランスがとりづらかったり といったことも実際けっこう気になる部分ではあるので、グローブを介したアクセルのダイレクト感は大事かと考えています。

まとめ

夏~常時~極寒時 のうち、もっとも保温性や耐寒性の求められるガントレットを紹介してみました。
くどいようですが、耐寒性という面においては電熱グローブに勝るものはないと思います。
バッテリーや配線の管理・充電の問題から 電熱ギアを除外した上で、
ガントレットグローブ+ハンドルカバー+グリップヒーター
が最高のコンビネーションだと考えています。
低温な地域を走る時は、このグローブで走ることになるでしょう。

関連記事
【夏用グローブ West Ride Classic Short Vented Glove】
【常時用グローブ West Ride Classic All Weather Standard Glove】
【雨には最強 テムレス 02 Winter】
【手元の極寒対策 ラフアンドロードのハンドルカバーを装着】