【テネレ700 世界旅への強化】リアマスターシリンダーガードの装着

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

マイナー装備集・続編、前回の【リアフルードタンクガード】にひきつづき リアマスターシリンダーのガードを装着しました。

リアマスター内にはピストン構造とフルードが内蔵されており、しかも車体右側にもろに露出しているため、ガードしておいて悪いことはないでしょう。通常の舗装路でここが損傷するなんてことはまずあり得ませんが、ガレ場などで地面がら突出しているものがある場所で右側に転倒すると、ダメージを受ける可能性があります。
リアマスターが死んでも走行は可能かもしれませんが・・・・
➡リアマスターの構造に関しては:【CBR400RR リアマスター・オーバーホール】

Touratech リアブレーキシリンダーガードの装着

では、取り付けです。
フルードタンクガードと同様、取り付けはスーパー簡単です。

これが Touratech リアブレーキシリンダーガード
取り付けマニュアル ➡こちら

リアマスターを固定しているボルトを外します。

簡単に外れます。
きれいなボルトですね。この純正ボルトはそのまま使います。

この機械研磨面ツライチな感じ、たまらんなぁ。

そうしたら、ガードをかませてボルトオンしていきます。

終了。とても簡単ですね。

クリアランス感も秀逸、さすがツアラテック!

まとめ

非常に簡単ですが、これでシリンダー本体が強固にガードされました。
見た目もクールで、とてもいいパーツだと思います。
未舗装路をそれなりのスピードで走行すると、相対速度にして走行速度と同じスピードで小石などがぶつかってくるため、
腰下周辺の脆弱な部分は保護しておくと安心です。
こいつもまた、いつか効果を発揮してくれる日がくるのでしょうか??!

関連記事
【Touratech リアフルードタンクガードの装着】
【Outback Motortek クラッシュバーの装着】