【Touratech リアフルードタンク】Tenere700 の強化:リアブレーキフルードタンクガードの装着

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

色々とサードパーティ製の強化パーツを換装し、ワールドツーリスト仕様に仕上がってきたテネレですが、
いくつかマイナーチェンジを紹介したいと思います。

今回はこいつ、リアブレーキのフルードリザーバータンクの保護です。

Touratech リアブレーキリザーバータンクガードの装着

Touratech リアブレーキリザーバータンクガード
取り付けマニュアル➡こちら

取り付けは超絶に簡単。

純正の取り付けボルトを外し、そのまま使いまわします。

タンクガードをかませて元に戻します。

これで完了。中央部が肉抜きされているのでフルードの液面もこのまま確認することができます。
とっても簡単です。まさにポン付け。

まとめ

必須の処置ではありませんが、たしかにリザーバータンクにいたずらされたら面倒ですし、重量パーツでもないのでやって悪い事はないでしょう。
見た目的にも液類を内蔵するパーツが露出してるのは何となく嫌な感じなので、その点もいい感じです。
簡単ですが、これもいつか功を奏する日がくるかもしれません👍

関連記事
【Touratech リアマスターシリンダーガードの装着】

【Outback Motortek クラッシュバーの装着】
【Cool Covers のシートカバーをテネレ700に装着】