【ピンロックのピンが折れた!】適当なネジを使って修繕

こんにちは、世界放浪2輪旅を目指す管理人です。

愛用のヘルメット アライ ラパイド・ネオですが、純正でピンロックが装着できないため、
VAS-V MVシールドに換装しピンロック化をしていました。
が、

このピンロックを固定している樹脂製のピンが、

折れました。
そんなに力のかかる部品でもないから樹脂製なのはわかるけど、
大していじってもいないのに、、、 しかも販売店やアライに問い合わせたところ
「ピンのみの販売はおこなっていない」
とのこと。
アライサポートからはすぐに返信があったものの、シールドを送っていただけるのか、ピンは売ってないけど今回はピンのみ送っていただけるか、よく分からない文面で、それに関する問い合わせ以降返信がこなくなってしまいました。
ん~、じゃあシールドごと交換ですか??!
VAS-V MV シールド 定価で5,000円近くするのに?
いやぁ、これ設計的にどうなんかね。
こんなちっちゃーーいほんの一部分が折れただけで全交換か・・・・、
ってことで適当にそこらへんにあるネジを使って修繕してみた の記事です。
でも実際同じような事で困ってる人けっこういると思うんだけどなぁ・・・・

ピン除去 からのそこらへんのネジ

まずはこんなよくわからんことで折れちまうようなピンは除去します。
「お前なんかいらん!」
と心の中で叫びながら、φ1.8mmの超鋼ドリルでピンを葬ります。

でも考えてみれば、出発前に折れてくれてよかったです。
これが折れると、ピンロックシートがプラプラになって、シールドは曇るし固定のしようがないし、
地味に困る問題でした。

作戦としてはほどよくピンロックシートにテンションがかかるようにワッシャーなどのプレートでシールドとピンロックを挟み込んでしまおうというものです。

君に決めた。

こんな感じでワッシャを使ってシートを挟み込みます。
そのままだとネジの長さが余ってしまい、これが干渉してしまいます。
かといってちょうどよい長さ&径のネジは都合よくないので、

切って、面とって、

ダイスで切り直します。

これでツライチやぁーー!
と思いきや、

干渉。
ま、そりゃそうなるよね。

なので、グラインダーつかって、ネジの頭をペラペラにしてやります。

で、今度はペラペラにした頭がシールドの内側にくるようにすれば、

https://buzz-buzz.online/683.html

おっと、すいません。
これでバッチリです👍

まとめ

記事にするほどのものでもありませんが、これでピンロックシート脱落の不安はなくなりました。
偏心調整は勿論できませんが、選んだネジφM4がかなりベストにシートにテンションがかかるので、もとより偏心機能もいらないでしょう。
もし緩んだとしても、手持ちの工具ですぐにリカバリーできるのも👍

見た目にもほとんど違和感ないので、
これはもはやラパイド・ネオユーザーのデフォルト整備としていいんじゃないかと自負しております。

VAS-V MVシールドのピンロック固定ピン破損でお困りの方がいたらぜひ。

関連記事
【Arai Rapide Neo のピンロック化】
【世界旅のヘルメット ネオクラシックな外観の Arai Rapide Neo】