【バッテリーあがりへの備え】ジャンプスターターは持っておくべし

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

バイクやバッテリーのトラブルでよくありがち&起こったら恐ろしい
「バッテリーあがり」
みなさん対策してますか?
勿論、あがらないように気を付けておくに越したことはないわけですが、人間ミスはするもので、バッテリーが上がった際に何とかする方法は備えておくのがよいでしょう。周りに何もない場所でバイクが動かないというのはけっこう事件なので・・・
おまけで後半
キャブ車はバッテリー無しでも走れるか?】を検証しています!

バイク王

Arteck A7ジャンプスターター

バッテリーあがりへの対策として、おすすめがこちら

Arteck A7 12V車用ジャンプスターター。
ジャンプスターターとは、内部に搭載したバッテリーの電力を使って車やバイクのエンジンを始動することができる大容量バッテリーといった認識でよいかと思います。

ジャンプスターター概観

では、Arteck A7 ジャンプスターターの概観をみていきましょう。

こちらがジャンプスターターのセットです。本当は他にもケースとかあるんですが、ぼくは本体・スターターケーブル・取説だけでコンパクトにしています。

本体。初期のゲームボーイくらいの大きさですかね。

スターターケーブル。

赤が+で、

黒が- です。

例の如く、既製のケースが嫌いなのでこのようにケーブルと本体だけコンパクトに収納して持ち歩いています。既製のケースのほうがハードで安心だとは思いますが、、、

これが OUTPUT および INPUT ポートのある部分。

これがLEDライトのレンズ部分。

メインの電源ボタン。

そしてバッテリー残量インジゲーターランプ4つとパワーボタン。
概観はこんなところでしょうか。
細かい機能についてみていきましょう。
Arteck A7 ジャンプスターターには大きく以下の3つの機能があります。

①LEDライト
②モバイルバッテリー
③ジャンプスターター
ひとつひとつみてみます。

①LEDライトとして

まず1つ目はLEDライトとしての機能です。
明るさのスペックは記載がないのでわかりませんが、おそらく70~80ルーメンといったところではないかと推測します。

まずは電源をONにして、

パワーボタンを長押しすると、

LEDライトが点灯します。
もう1回押すとSOSシグナル、もう1回押すとストロボ点滅になります。動画でみてみましょう。

ジャンプスターターをライトとして使わなきゃならない場面って、たぶん無いとは思うんですが、まぁサブとしてあって悪いものではないですね。

②モバイルバッテリーとして

Arteck ジャンプスターターは 12,000mAh の容量のモバイルバッテリーとしても使うことができます。時間率は、1時間率なのか5時間率なのか、、、わかりません。

改めてポートを見てみましょう。
⇐から

ジャンプスタートケーブルの差し込み口(車のマーク)
5V 2.1A の typeA ポート(ごく一般的なUSBポート)
Quick Charge3.0 typeA ポート(QC3.0急速充電用USBポート)
充電用 typeC  5V3Aインプット差込口

となってます。
ちなみにQC3.0ポートは 5V2A  9V1.5A  12V1A の定格出力を備えています。
疑問なのは、説明書には
「type C ケーブルで充電できる機器はQC3.0ポートから急速充電できるよ」
と書いてあるのですが、QC3.0って、ケーブルも  充電される側の機器もQC3.0対応じゃないと急速充電は機能しないんじゃないの?という点。まぁ充電速度はいちいち測ってないので分かりませんが、普通に充電は可能です。
あと、気になるのは充電用typeC ポートの定格入力が5V3A な点。
よくある一般的なtypeAポートのACアダプタは 5V2.4Aの定格出力が一般的なのでおそらく普通のアダプタだとちょっと充電に時間がかかるかもしれません。
ぼくはパソコン用の 5V3A 9V3A 15V3A 20V2.25A  定格出力を備えた45Wのアダプタで充電しています。

充電中。typeC 5V3A INPUT

スマホの充電を見てみましょう。

typeAポートにケーブルを差し込み、

スマホに繋ぎます。ぼくのはアンドロイドなのでtypeC インプットですね。

電源をONに。これだけではまだ充電されません。

この状態でパワーボタンを押すと、

スマホの充電ランプ点いた。

たぶんモバイルバッテリーとして使うことが一番多いんじゃないかな・・・

③ジャンプスターターとして

そしてこれが Arteck A7 の本領!
ジャンプスターターとしての使い方です。
※なお、ジャンプスターターとして使うときは、
排気量~2,500ccくらい:バッテリー残量インジゲーター3つ以上
排気量3,000ccに近接:バッテリー残量インジゲーター4つ
である事が推奨されてます。
※バッテリー充電直後は本体がやや熱をもつので、10分ほど放置して冷却させてからの使用が推奨されてます。

まず、バッテリー残量を確認します。4つ点灯は満充電です。

ジャンプスタートケーブルの差し込み口を開けます。

ケーブルを挿入すると、

ケーブル根本部分のランプが緑・赤 交互に高速で点滅し始めます。
そしたら、

ランプ脇にあるこの小さなボタンを押します。

すると、「カチッ」という音がしてランプが緑の点灯に落ち着きます。
これが「電流流せるよ!」のスタンバイ状態
※この緑ランプ点灯状態は赤クリップと黒クリップの間に大きな電流を流せる危険な状態。絶対に赤クリップと黒クリップをくっつけたり、同時に手で触ったりしてはいけません。
※したがって、このまま放置すると90秒で再び赤・緑の交互点滅に移行し電流が流れなくなります。そしたら、1度ケーブルを抜いてやり直しましょう。

ジャンプスターターの準備ができたら、バッテリーに接続していきます。

キーは必ずOFFに。

説明書には順番の明記はありませんが、基本的なバッテリーの操作に準じて、まずは+から。なぜなら、-に先に繋ぐとアースされて電流が流れる可能性があるからです。

次に-を噛ませます。

非常に不満なのが、このワニ口クリップ、バイクのバッテリー端子はめちゃくちゃ噛ませづらいです。車のバッテリーを前提につくられてるのか、、、、
もっと小型の噛ませやすいクリップのついたケーブルを別売りしてくれたらうれしいですね。

そしたらキーを ON にして

セルを回します。
これで、エンジンが始動できます。実際にちゃんと始動できるかどうか、
下の【キャブ車はバッテリー無しでも走れるか?】の動画で確認してみてください!
始動に成功すると、オルタネーターから本体への逆充電が検知され、警告ブザーが鳴ります。20秒以内に本体を外しましょう。
また、ワニ口クリップを外す時はやはり-から外すとよいでしょう。
ちなみに警告ブザーや警告ランプの意味は↓の表のようになっています。

キャブ車のエンジン始動

では、実際にバイクのエンジン始動をしている動画をご覧ください。
暗くて分かりづらいのですが、動画ではバッテリーを端子から完全に外して、
端子を直接ワニ口クリップで噛ませています。

いかがでしょうか?
確かに、バッテリーなしでもちゃんとエンジンがかかってます。
ジャンプスターターとしての機能は問題なしです。
で、ここからは関係ないのですが、
当方恥ずかしながら
「キャブ車はバッテリー無くてもエンジンさえかかれば走ることができる」
と思ってました。
しかし、00:45 くらいのところから、アクセルを開けてるのですが、どうでしょう、、、カタカタカタカタ といって全然吹け上がりません!
そう、ぼくもこれを機に人に聞いて知ったのですが、
バッテリーは発生した電力を安定させる役割もあり、オルタネーターで発電した分だけではアイドリングのスパーキングはできても、それ以上はまかなえないとうことでした。
YouTube とかでバッテリーなしで走行 みたいな動画があるのはたぶんどれも排気量の小さなスクーターなどかと思います。
何cc以上だとだめなのか? はわかりませんが、少なくとも400ccの4気筒エンジンではアイドリング以上のスパークは全然まかなえないようですね。

まとめ

Arteck A7 ジャンプスターターの特徴を、順を追ってみてきましたが、結論としては持っていて損はないかと思います。
日常的にはモバイルバッテリーとして機能する出番が多そうですが、もしもの備えとして、持っておくと急なバッテリー上がりに対処できます。
是非、参考にしてみてください。


ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: