【Olympus TG-6】最高にタフなカメラを持っていこう

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

バイクによる世界旅、じゃなくても 世界を巡るとなれば誰だってその貴重な機会を写真におさめたいと思うはず。
いまはスマートフォンで撮影した写真もばかにならないけど、暗い場所や夜の三脚撮影、耐衝撃性などのタフさを考えると、あくまでもスマホカメラはサブとして位置付けたほうがいいでしょう。
というわけで、世界旅をする上で持参を考えているカメラのうちのひとつを紹介しようと思います!

オリンパス タフシリーズの最高峰

Olympus TG-6

詳細は【オリンパス ホームページ】で確認できますが、この記事ではぼくなりにこのカメラを紹介したいと思います。

まずはこの見た目。いかにも堅牢そうな外観がアウトドア精神をくすぐります。オリンパスのTGシリーズは2012年に発売されたTG-1 を初代に変遷と進化を繰り返し、2019年に最新機のTG-6が発売されました。このタフな外観は初代のTG-1から変わらず踏襲されてます。

操作に関しては至って一般的で、いままでデジタルカメラを使ったことがあるひとならすぐに使いこなせます。専用のアプリ [ Ol.Share ] を使えばスマホへの画像転送や遠隔シャッター操作なども行えるのが現行機種ならでは。


タフネス紹介

タフなのは見た目だけじゃない、実力派のオリンパスが拘る性能がすごい。

防水15m

この写真のように、バッテリーやSDカードスロット・充電用端子のキャップ構造は非常に頑丈なパッキンでロックされています。なのでこのままの単体で15mの水深なら潜ってもOKという完全防水性。
ただし、シュノーケリングやダイブなど、長時間水中で使用するのであればやはり専用ハウジングを使った方がいいでしょう。→【専用ハウジングをつけて水中撮影】

防塵・耐衝撃・耐荷重・耐結露・耐低温

世界中のあらゆる環境での使用を考えると、色々な心配がある。アフリカの赤土は空気中に大量に舞っているが、このカメラは高い気密性で細かい砂などの侵入をシャットアウトしてくれる。
また、バイクで移動しながら撮影をしていれば うっかり落としてしまったり、野営中に踏んづけてしまったりといったことも考えられるが、特殊なレンズ保護機構により高さ2メートルから落下しても正常に機能しつづけられ、100kgfの荷重にも耐えられるため、普通に踏んづけたくらいではビクともしない。
また、冬の極地などでは低温によって動作不良に陥ることも多い電子機器ですが、-10℃でも正常動作が保証されているため、よほどの極寒地帯でなければ普通に使うことができるし、レンズ表面を2重構造にすることで空気の層をつくり、低温による結露や曇りにも強い

このように、オリンパスのノウハウにより随所にタフネスが盛り込まれたカメラなのです。

専用レンズキャップがおすすめ!

TG-6は純正状態ではレンズが露出している状態です。

上述のように、めちゃめちゃ丈夫なカメラですが、とはいえやはりレンズ表面が露出しているのは若干気になるところ。
そこでオリンパスから純正のアクセサリーとして発売されているのが専用のレンズバリア  LB-T01

TG専用レンズバリア LB-T01

このレンズバリアをレンズロック部分に装着することでワンタッチでレンズ前面の開閉が可能に!使っていない時はバリアを閉じておくことで、レンズ表面を傷から守ることができます。


専用ホルダーで携行性↑

ぼくの場合はバイクで走りながら、

“お、この景色撮っておきたいな”

と思った瞬間に停車してすぐ撮影する、というスタイルをイメージしていました。なので、いかに手軽にすぐ取り出せて、すぐにしまえるか ということが問題になります。
ポケットの中にいれてもいいのですが、普通にポケットに入れてるだけだと落下の心配があるし、ジッパー付きのポケットだと、グローブをした手ではなかなか取りだすのに苦労したりします。
そこで、これもオリンパスから純正で発売されているアクセサリー

CSCH-123 Sport Holder を紹介します。

このように、太いゴムひものようなもので全体をホールドする形状のホルダーになっています。このホルダーの優れている点は、裏側のマジックテープが縦横両方向についているため、様々な装着のし方ができること。

ぼくの場合、このようにリュックザックの肩にかける部分に固定することで、好きな時に取り出せるようにしています。ただし、ホルダーを止める構造が少しやりづらく、分厚いグローブをしたままの手だと若干操作しづらいのですが、ホールド性を高めるためには仕方ないのかなとも思います。

ホルダーには伸縮するストラップのようなものが附属するため、これをカメラと繋げておけば、謝って手から滑り落ちても落下させずに済みます。また、このストラップをカラビナなどでホルダーに留めておくことで、リュックから取り外して持ち運ぶこともできます。
このように他の道具などと組み合わせることで自分の使用スタイルに合ったカスタムができるのも楽しいですね。


その他の機能

TG-6は普通のコンデジとしても優秀なカメラです。

・CMOS裏面照射型の撮像素子と最新の画像処理エンジン
・RAWで記録可能
・水中での豊富な撮影モード
・被写体に1cmまで近づける脅威のマクロ撮影
・1200万有効画素
・手振れ補正
・顔検出
・視野率100%ライブビューモニタ
・7群9枚の贅沢な構成でF2.0の明るいレンズ
・光学4倍ズーム+デジタル2倍ズーム

などなど、詳しくは→【TG-6の仕様】をチェックするのがよいでしょう。
タフさを追求し他の機能がイマイチでは残念ですが、オリンパスの技術が惜しげもなくつぎ込まれ、コンデジとしての機能を高く保ったままタフさをも兼ね備えている それがTGシリーズの良いところです。
ちなみに、充電に関しては micro typeB の端子にて行うことができるため、他の電子機器とのケーブルを共有できるのもいいですね。
定格入力は 5V 1.5A なので一般的なtype A ⇔ AC100V アダプタで問題なく充電可能です。

アクセサリで更に広がる撮影

TGシリーズの大きな魅力として、アクセサリを用いた拡張性が豊富な点です。
アダプターを用いて自分の撮影に合わせたコンバーターを付け替えるのは、まるで一眼レフカメラのような感覚。水中用にも豊富なラインナップがあり、撮影に合わせたアクセサリを揃えるのも非常に楽しいですね。
今回紹介した レンズバリア/専用ホルダーや以前紹介した水中専用ハウジングの他にも沢山のラインナップがあるのが分かります。まずはTG-6単体での撮影を楽しみ、慣れたら少しずつコンバーターなどを追加していくのもよいかもしれませんね!😊

まとめ

さて、オリンパス TG-6 いかがでしょうか。別にぼくはオリンパスからの回し者でもなければお金をもらっているわけでもありませんが、

・様々な環境でカメラを酷使したい
・でもカメラとしての性能は欲しい

という人にとってこれ程いい選択肢はないのでは?と本気で思います。
「いつでも、どこにでも気軽に持っていき、でもしっかりと撮れる」
そんなコンセプトに全力で答えてくれるカメラだと思います。


関連記事