【世界ツーリングの相棒は、、、】アドベンチャーバイクの悩み

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

世界をバイクで駆け巡る
となったときに、最も重要な決定事項のひとつとして

旅の相棒にどのバイクを選ぶか

という問題がある。
どれくらいになるのか明確には分からないけど、かなりの長期ツーリングになるわけで、相性が悪いと相当辛い事になりかねない・・・(まぁ慣れるだろうけど)。
ということで、旅の相棒バイク 現時点での候補と、それにまつわるあれやこれやを書いておこうと思います。

バイク王

世界ツーリングのバイクに求められること

はっきり言ってしまえば、
「どんなバイクでもやろうと思えばできる」 とは思う。
国内の世界ツーリングコミュニティの間では有名な「バイクの松尾」さんは、ホンダのワルキューレで世界140か国を駆けている・・・!たぶん荷物いれたら400kgオーバー?とても旅向きのバイクではない。。。💦

バイクの松尾さん ホンダ・ワルキューレ  https://blog.goo.ne.jp/smile8404-2586/e/4ca1ecd1c8a199761f7ab5157e198f75 より

ガソリンで走り、それなりに荷物が積めれば、そりゃ走れはするだろう。ただし、国境を越えて、様々なコンディションの道を走るという事を考えると、やはりいくつかのスペックを考慮したほうが賢明だ。

そういった意味で世界ツーリングのバイクに要求される事としては、自分なりに以下のようなことがクリアされたらいいのでは? と考えている。

①燃費が良い
燃費がよければ少ないガソリンで沢山走ることができる。
②より多くのガソリンを積める
これは①とあわせれば「無補給走行距離が長い」ということになる。道があればほとんどガソリンスタンドに困ることはないみたいだけど、もし無補給区間を走るとなったら、重要な項目だ。
③パーツアベイラビリティが高い
海外でバイクが壊れたら?それこそパーツ交換が必要な故障など、レアな車両や特殊なモデルだったりするとパーツそのものが手に入らなかったり流用できなかったりする。なるべく汎用的なモデルにすることで世界各国で修理が可能になるのだ。
④構造が単純
壊れた時に必ずしも近くにバイク屋があるとは限らない。サイアクの場合砂漠や荒野のど真ん中で動かなくなるということも想定はされる。もちろん、手がつけられなかったら誰かが通るのを待って助けてもらうしかないのだが、例えば単純な問題であれば自分で解決するのも大事。ただ、あまりにも構造が複雑だと、やはり自分で手をつけられる範囲も狭くなってしまう。エンジンの気筒数などで言えば、より少ないほうが単純だし、電子制御システムなども構造を複雑にしているもののひとつといえる。
⑤積載能力が高い
長期の旅になれば、それこそ 衣食住をバイクに積む わけだ。テントにシェラフに冬用の服にバーナーに・・・ 世界ツーリングの荷物はめっちゃ沢山ある。これらを安定して積み込むことのできるシステムが純正で供給されていたりすると、非常に積載がしやすい。
⑥オン・オフ両走行性がある
本末転倒な話をしてしまえば、各地域ごとに適したバイクを乗り換えてしまえば、それが一番効率がいいのかもしれないし、レンタルバイクや現地での購入・売却を繰り返し旅をしている人もいる。ただ、ぼくはやはり「自分のバイク」で旅をつづけたいし、荷物の載せ替えなど考えたら1台に集約するのもあながち非効率ではない。当然世界中には様々なコンディションの道路がある。普通のアスファルト、林道、砂漠、沼地、荒れ地、・・・・ なので、ガッチガチのオンロードバイク(SSなど)や、逆にガッチガチのオフロードバイクに偏るのは微妙。舗装路でも悪路でも、どりらにもほどよく対応できるのが理想的なわけだ。
⑦取り回しがしやすく乗りやすい
バイクは乗るだけではなく、時には手で押して移動しなければならないこともある。こうした時の扱いを取り回しというが、これも当然簡単なほうがいい。また、足つき といって、停車時バイクに跨った状態でどれくらい足が地面に接地するかというのも大事だ。長く付き合えば慣れるかもしればいけど、小さなストレスが蓄積する可能性もある。ストレスは少ない方がいい。
⑧軽い
取り回しと被るけど、軽ければ軽いほど取り回しはしやすい。それに、船に搬入するときや、時には車に積むとき、そして一番多いのは転倒から引き起こす時 軽ければ軽いほどいい!先輩ライダーも「軽さは正義」といっている。
⑧車体価格が安い・人気がない
これは「盗難」に対する考えで、やはり人気モデルや高く売れるようなバイクは標的にされやすい。なるべく人気がなくて、盗んでもしょうがないようなモデルは、盗難にあう確率も減る。また、車体価格が高いと、通関手続きを簡略化するカルネの補償金も比例して高くなってしまうのだ(カルネに関してはまた別の記事で)。

う~~ん、挙げてみると結構色々あるもんだ・・・
さて、これを全て満たす世界ツーリングのために生まれてきたようなバイクはあるだろうか、、、、
結論からいうと

 ない

そう、ないのだ。こんな条件を全て満たすバイクはない。たとえば、ガソリンの積載量が多いとなったらビッグタンクってことで、ビッグタンクを備えるのはアドベンチャーモデルやダブルパーパスと呼ばれる大型車両がメイン。となれば当然車重は重くなり、取り回しも大変だ。このように、両立可能な項目もあれば、トレードオフな関係の項目もある。従って、これら全てを満たすような夢の車両は無いといっていい
そんな中でも、以下に 今まで頭に浮かんだ候補バイクたちを挙げてみようと思う。

ホンダ スーパーカブ ハンターカブ 系

言わずと知れた世界の名車 カブ

2019年 モーターサイクルショーにて ホンダ CT125
https://advrider.com/f/threads/winter-motorcycle-riding-pics.622892/page-72 

出前の爺さんが乗ってるイメージの強いカブですが、実はすさまじい燃費と世界中での普及率を誇ります。従ってパーツアベイラビリティも高く、しかも構造も単純。ハンターカブなどでは積載性もかなりあり、荷物もけっこう積める。車体も軽いため取り回しも足つきも良好。車体価格も安い と、かなりの項目をクリア。しかし、やはり排気量が小さいため、長距離の走破性能や、悪路の走行性に不安がある。エンジンのパワーは基本非力なので、どうしても行けない場所がでてきそうだ。

低排気量オフ車 系

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/touring/ より ヤマハ ツーリングセロー
http://www.picautos.com/imgs/13569-honda-xr-250-baja/2/#gal_post_13569_honda-xr-250-baja-02.jpg より ホンダ XR250 Baja

多くの先輩ライダー達が、低排気量オフ車を選択している。ヤマハのセローやレイド、それにホンダのバハやCRF250、スズキのジェベルなどが代表例だろうか。
いずれも250㏄前後のクラスで、この排気量のオフ車はとにかくタフだ。もともとはオフロードをガンガン走るために作られているわけだから、作りも堅牢で単純なものが多い。泥などの汚れにも強く、各所が詰まったりしないような工夫もされている。そして車重は多くが130kg程度で、倒れた時の引き起こしがしやすい。燃費は普通といったところだろうか、タンクはあまり大きくないため、無補給区間を行く場合は予備のガソリンが必要になりそう。あとは、やはりシングル(単気筒)なため、振動が大きく、あまりスピードはでない。悪路を行く際には最高の相棒だが、広大な一本道などではエンジンをひぃひぃ言わせながら大型トラックに追い越されることになりそうだ。悪路を避けるため車高は高めで足つきがよくないのも重要ポイントだ。

ミドル排気量のオフ車 系

https://bikeandphoto.ru/ より たぶんホンダ XR650
http://advdreaming.com/index.php/2017/04/12/aaron-mitchell/ より  スズキ DRZ400

これは、先の「低排気量オフ車径」のエンジンが強力になったバージョン。タンクはやや大きくなるため連続走行距離は増え、舗装路での高速巡行もそれなりにできる。車高が高く足つきが悪いのは同じで、その代わり悪路の走破性は抜群だろう。車重も150kg前後といったところだろうか、十分引き起こしができるレベルだ。車格もそれなり大きいので取り回しなどに難ありかもしれないけど、そのかわり車体の左右などに積載の余地が沢山ある。オフ車専用のパニアなどを利用すれば、かなりの荷物を積むことができる。

低排気量アドベンチャー 系

https://besthqwallpapers.com/de/motorr%C3%A4der/suzuki-v-strom-250-abs-2019-vorderansicht-neue-motorr%C3%A4der-schwarz-gelb-v-strom-250-116014 より スズキ V-strom 250
https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/versys-x250/ より  カワサキ Versys250
https://www.royalenfield.com/in/en/motorcycles/himalayan/ より Royal Enfield Himalayan

最近非常に人気が高く、メーカーとしての販売実績もよいというアドベンチャーモデル。デュアルパーパスともいわれ、舗装・未舗装 両方を走ることを前提につくられている。アドベンチャーモデルというだけあって、旅をするバイクとして備えるべき特徴を沢山もっている。オフ車のような走破性に、オンロード寄りの走る楽しさが加わった、といった特徴だろうか。パニアやエンジンガードなどのオプションも純正で多数用意されており、旅用にカスタマイズすることも可能だ。そんなアドベンチャーモデルの中でも低排気量クラスは、比較的車重が軽く取り回しがしやすい。だいたい180kg前後なので、荷物をおろせば転倒してもなんとか引き起こしはできそうだ。燃料タンクも16~18Lくらいの容量があるので、走行距離も問題なし。エンジンにはやや非力感があるかもしれないが、2気筒のモデルが多く、不快な振動などはなさそうである。

ミドルクラスアドベンチャー 系

https://www.triumphmotorcycles.jp/bikes/adventure/tiger-800 より トライアンフ Tiger 800
https://www.kawasaki.co.uk/en/products/Dual_Purpose/2019/2019_Versys_650_Grand_Tourer/overview?Uid=08FDCgwLClsLWQtcXl0OXFBQXFEOWg1bXw5YUFAMXAwNW1k より カワサキ Versys650
https://www.advpulse.com/adv-news/tenere-700-accessory-packs/  より ヤマハ Tenere 700

先ほどのアドベンチャーモデルの中でも700~800㏄といった排気量を誇るモデルたち。当然、アドベンチャーバイクとしての素養を多く備えているため、悪路の走破能力に加え高速巡行も快適に行える。タンクも18L前後といった容量で,無補給走行距離も伸びる。そして何より魅力的なのはこの風貌!まさにアドベンチャーバイク。旅の相棒として頼もしい顔つきに、大柄な車格。こんなバイクに荷物を積み込めば、まさに旅感満載なことは必須だ。ただ、このクラスになるとやはり車重はかなり重くなる。車体によるけど、だいたい200kgオーバーになるのではないだろうか。大柄で力があれば取り回しにもそこまで苦労せず、引き起こしもなんとかできるかもしれないが、正直そういった意味では体格を選んでくるところだ。また、現行車種であればこのクラスは各メーカーのセカンドグレードだったり、場合によってはダブルパーパスのフラッグシップに近いモデルとなってくる。当然ABSやトラコン、その他複雑なライディングモードなどの電子制御が盛り込まれている場合が多い。これは勿論良いことなのだけど、視点を変えれば不必要に複雑になってしまっているといってもよい。

ビッグアドベンチャー 系

https://i.pinimg.com/originals/02/98/42/0298425ce74fe608f410d38fa5536275.jpg より ホンダ CRF AfricaTwin
https://cumali.ga/bmw-gs-fans-bmwgsfans-%E2%80%A2-instagram-fotos-und-videos/ より BMW GSシリーズ
https://www.instagram.com/p/BxVuh7OHlVA/?igshid=19e0von9l265b より ヤマハ SuperTenere 1200
https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/versys1000se/ より カワサキ Versys 1000
https://www.topspeed.com/motorcycles/motorcycle-reviews/yamaha/2019-yamaha-tracer-900-tracer-900-gt-ar179362.html より ヤマハ tracer 900
https://www.suzuki2wheels.be/fr/modeles/adventure/suzuki-v-strom-1000-xt-xtreme より スズキ V-strom 1000

これぞアドベンチャーバイクの王者、といわんばかりの車格と風貌。もはやガンダムの領域だ。デュアルパーパスとしての舗装・未舗装問わない走行性能、十分な積載スペースやそれを可能にするオプションの数々、ビッグタンクは場合により20Lを超え、無補給航続距離は500kmを超えることも。リッタークラスの排気量ともなれば、高速での安定性も抜群でストレスもないだろう。大陸での大距離移動にこれほど適したバイクはないといっていいだろう。ただし、当然いいことばかりではない。各メーカーのフラッグシップにあたるリッタークラスアドベンチャーモデルは、ABS・トラクションコントロール・電子サスペンション・DCT・各種ライディングモードが盛大に盛り込まれている。快適性や安全なライディングをサポートする一方、素人には全くお手上げな複雑怪奇な構造となっている。壊れなければいいが、もし何かあったら、、、。また、車重は250kg前後となり取り回しは非常に重くなる。転倒したらひとりで引き起こすのは困難だろう。ましてや沼地や足場の悪い場所でこんなバイクが転倒した時の事を考えるとゾっとする。どちらかと言えば舗装が多く、悪路でも見通しのよい大型の道を行くのに適しているといえるだろう。

ぼくのバイクは

世界ツーリングの相棒候補達をみてきたが、実際ぼくが今乗っているバイクといえば・・・

ゴリゴリのレーサーレプリカ、ホンダ CBR400RR だ、、、
このバイクは本当に乗りやすくて、低速トルクは貧弱だけど、速いし、2つ目ライトがカワイイし、大好きだけど、世界ツーリングには連れていけない。

実は以前はRothmansカラーだった

荷物は積もうと思えばけっこう積めるのだが、それよりも悪路ではたちまちコケてしまうし、長距離にはポジションがきつい。そもそもがサーキットで楽しむようなバイクだしね😊

今のところは・・・・

さて、様々なアドベンチャーバイク候補達をみてみたが、どうだろうか?
全てにおいて最高のバイクがあればいいのだけど、先述の通りそんなバイクは存在しない。自分の旅がどんな旅なのか、どんなルートなのかを考えて、妥協するところは妥協しないといけない。
そんなこんなでどうしようかと悩んでいる中、こいつはいいんじゃないか、というバイクが新たに発表された。

ミドルアドベンチャークラスにあたる

2020年モデルの YAMAHA Tenere 700だ。

2019年モーターサイクルショーにて

実は、家の真裏にホンダドリーム店があるため、これも何かのご縁だ、とかいってアフリカツインにする気満々だったのだが、車重や自分のライテク、取り回しのことやアフリカの悪路に行く事も考えると、ちょっと扱いきれない気がしてきた。
もう少し排気量を抑え、高速巡行も可能で、できれば振動を抑えられるように2気筒、かつ車重は200kg前後に・・・・
とか悩んでいると、東京モーターサイクルショー(2019)でヤマハの新型テネレが発表された!

Tenere 700 スペック

約700cc の、まさにミドルクラスアドベンチャー。
車重はガソリン満タンで204kg、タンクも16L。実際跨ってみて、足つきはアフリカツインの方がよかったが、まぁ許容範囲。おそらくパニア用のフレームなど純正のオプションも多数ラインナップするだろう。2気筒エンジンはMT-07由来で、単気筒のような不快な振動や加速の悪さなどもなさそう。
先輩ライダーであり、よき相談相手であるメタボンさん(メタボンの地球ZIGZAG→https://metabon1975.com/)のレビューでは、旧型のXT660シリーズ(海外向けモデル)は単気筒で加速性やミッションのレシオに難ありとのこと。新型テネレではこのような点があまねく改善されているということらしい。

そしてこの Tenere700 、なにが良いって今ドキ現行モデルにしては珍しい電子制御がABSだけしかついていないのだ!各種ドライブモードはおろか、トラコンすらついていない。

マシンを極力シンプルにし、純粋なアドベンチャーモデルに仕上げる

という開発陣の哲学と、優れたエンジン特性だけで煩雑な電子制御をカバーしてしまえるというエンジニアリングな自信が、ひしと感じられる潔さだ。

正直、これは確かに魅力的だ。アフリカツインに比べて価格が圧倒的に安いのも大きな魅力といえる。ただ、いくつかのインプレにあるように、スタンディングポジションでの安定性が求められることでシッティングだとややハンドルが遠いような事が書かれているのが気になる。これは試乗してみて確かめる必要があるだろう。

マウンテンシティ

まとめ

世界中のあらゆる場所を駆け巡る という過酷な条件をもとに、いくつかのバイクをカテゴリ別にみてみた。
それぞれに特性があり、全てに長けたバイクというのは無いなかで、自分なりには「ミドルアドベンチャークラス」が最適なのでは という結論に帰着しつつある。
そしてそんな中 今年発売されるヤマハの新型テネレ・・・

2019東京モーターサイクルショーにて

また、実際に試乗などしたら記事にしようかと思います!

関連記事
【バイクへの荷物の積載システムは ソフトか、ハードか?】
【YAMAHA Tenere700 ついに日本でもリリース!】


ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: