【仕事を辞めてまで行くべきか】バイク世界旅の悩みどころ

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

世界バイク旅
なんともいえない響き。
その「なんともいえなさ」は

非日常
危険
自由
冒険

色々なニュアンスがごちゃ混ぜになって醸し出されるのでしょうか。
あまり数は多くないわけですが、これからぼくと同じように長期の旅に出ようとしている人の中には
「仕事を辞めるべきか」
すごく悩んでいる人がいます。

仕事といっても人それぞれだし、その中でその人が担っている仕事の種類だったり、責任の重さだったりもみんな違うでしょう。だけど確かなのは、自分がどんな旅をしようとしているのか 明確にするべきということだと思います。
世界を巡る旅といっても、旅行会社のツアーパックから、完全放浪旅まで様々。そのグラデーションの中で自分の立ち位置を明確にしなければ身の振り方もなかなか見えてこないというわけです。

例えばぼくの場合、バイクと貯金・パスポートだけを頼りに行けるところ全てに行きたいというどうしようもないプランです。
こういうパターンの場合、正直いつ帰ってくるかもわからないし、極端な話旅先で死んでしまうかもしれません。実際にそういうケースも以前にあったようです。

[世界バイク旅のこと 身近な人々に伝えよう]記事でも触れましたが、こういう本当の放浪旅を計画しているなら、はっきりいって仕事は辞めた方がいいでしょう。無期限休業を許してくれて、なおかついつでも帰っておいでなんて職場があるなら話は別ですが、普通に考えて、いつ帰ってくるかも分からずバイクで世界を放浪する予定の人間など会社からしてみれば受け入れ難いはずだし、それは仕方ないことだと思います。
一方、ある程度期間が決まっていて、ルートや目的地も決まっているような旅であれば、辞める必要はないかもしれません。3~4年以上となったら難しいかもしれませんが、1年程度の休業であれば理解のある会社であれば何とかなりそう。あとは同僚や上司、その時の自分の仕事内容などと相談するしかないわけですが、旅を終えた後、しっかり帰っていく場所があるというのは精神衛生的にも非常に安心できる事ではあります。やけになって仕事を辞めたが、いざ旅を終えたら辞めたことを強く後悔した なーんてことはなんとしてでも避けた方がいいと思います。


結局のところ、今まで普通に社会人として働き暮らしてきた人間が世界を巡る旅に出るとなったら、多かれ少なかれ周りの人たちに迷惑をかけることにはなります。
自分の思い描く旅と、他人への迷惑を鑑みて、仕事を辞めるべきか・職場と相談して在籍をとどめるか、最終的には自分で踏ん切りをつけるしかありません。

世界バイク旅
これを当座の自分の生きる糧だと思うことができ、そこに曲がらないモチベーションがあれば、社会人としてのツテにすがる気持ちすらなくなります。
だからぼくは離婚をして仕事を辞める決意をするに至りました。勿論、ぼくの場合は歯科医師免許という更新と失効のないライセンスがあるということがかなりデカいのは事実だし、帰ってきたらウチで働いてくれといってくれる大学の同期もいる。ただ、もし自分が普通のサラリーマンだったとしても、同じように退職の道を選んでいたに違いないといえます。
自由と安定はどうしてもトレードオフ
時間に制約をつけず、資金が尽きるまで思う存分世界を走るというのであれば、安心・安定をとって日本に仕事を残すことは足かせにしかならないのです。
ぼくは、いつか日本に帰ってくるだろうし、十中八九また普通の社会人として働くことになる と思っていますが、その時のことまで見据えるのが賢いやりかたなんだろうと分かってはいても 正直想像の範疇を超えてるし、帰ってきた後のことは考えていません。

●自分の旅が、どんな旅なのか
●自分の近しい人たちが どうなるか
●自分がその旅にかける思いは如何ほどか
●自由を優先するか、安心を優先するか

旅の準備として仕事を辞めるべきか迷ったら、これらをよくよく考えて、
最後に決めるのはあなたです。