【テネレ700 初期メンテ】オイル・オイルフィルター交換

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

テネレの走行距離がようよう3,000kmに達しそうになってきたため 再びオイル交換を行いました。
テネレ700のオイル交換については、
➡【テネレ700 オイル交換】の記事をみてください。

今回はオイルフィルターも交換したため、併せて記しておこうと思います。

オイルドレン&フィルター取り外し

まずはスキッドプレートを外します。
テネレ700はウェットサンプの、カートリッジ式なので、〇で囲ったフィルターカートリッジをまるまる交換します。

こちらが最初からついているオイルフィルターカートリッジ。

フィラーキャップを外し、ドレンボルトを緩めます。

オイルがだいたい抜けたら、今度はカートリッジを緩めます。

17mmのボックスソケットとTレンチがあるとトルクがかけやすくていいと思います。

 カップレンチは今回交換するカートリッジにピッタリ合うものです。

フィルターを外すと、ここからもけっこうオイルがでてきますので、
しばらく他の作業でもしながら抜け切るのを待ちましょう。

フィルター装着&New オイル填入

やはりシーリングワッシャは新品に交換します。

オイルフィルターは汎用品がいろいろあると思いますが、今回はデイトナのものを使いました。
国産で、いいのかな?と思ったりして。

フィルムは装着直前にはがして、オイルを縁に軽く塗っておきます。

カップレンチで適度に締めこんで、

交換完了。

 

今回もオイルは YAMAHA LUBE のプレミアムシンセティックをつかいます。
フィルターも交換しているので、ちょうど2.5ℓいれて、終了です。

最後に、スキッドプレートを取り付け、
・交換時の走行距離
・使用したオイルの種類と量
・オイルのみかフィルターもか
・交換したフィルターの型番など
をメンテノートに記入するのを忘れないようにしましょう。

まとめ

納車したときは、500kmで一回交換して~ 1000kmで2回目交換して~
とか考えてましたが、距離ってあっという間に伸びるもので、なんだかんだで3000kmでフィルター交換となってしまいました。
本来は、最初の1回目の交換時にフィルターも換えた方がよいといわれていますが、どうなんでしょうか。
とにもかくにも、シロート感覚にも回転がなめらかになり、ギアが入りやすくなりますよね!
というわけで、テネラーのみなさんの参考になれば幸いです。

関連記事
【テネレ700 初回オイル交換】