【旅中のグルーミングセット】手のひらに身だしなみを


こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

バイク世界旅は、決して豪奢な世界旅行ではない
という話は以前の記事でしました。
というか国内でも 何日も野営を繰り返すようなキャンプツーリングでは、身だしなみもなにもあったもんじゃありません
でも そうはいっても
~爪は伸びるし
~ひげも伸びるし
~耳はかゆくなるし
~鼻毛ものびるわけで?
一応グルーミングセット的なものは持っていこうというわけです。

マウンテンシティ

green bell グルーミングキット

確か、歯科大の6年生か研修医の時 大学に寝泊まりする機会が増えた時に買ったような。
GREEN BELL は爪切りや小バサミ、耳かきなどの商品を多数展開するメーカーで、当時はあまり気にしていなかったけれど、どれも日本製のしっかりしたものばかりだ。

 

そのグリーンベルがグルーミングキットを出していて、いくつか種類があるのだけれど、アドニス AG-500というセットを使っています。
AG-500のセット内容は

・耳かき
・ツメヤスリ
・精密ドライバー
・4徳ナイフ
・多目的はさみ
・つめきり
・毛抜き
・鏡
・ソーイングキット
・耳かき掃除用ブラシ

の10点セット。

自分なりに中身を変更

最初は10点セットをおとなしくつかっていたものの時間が経つにつれいろいろ中身がかわっていった。

・耳かき→やっぱ竹がいい
・精密ドライバー→いらない
・4徳ナイフ→空港で没収( ゚Д゚)
・多目的はさみ→他のと入れ替え
・毛抜き→他のと入れ替え
・ソーイングセット→いらない
・耳かき掃除用ブラシ→いらない
・両刃カミソリ追加

となり、最終的には

こうなった。

左が元々、右が変更後です。

中身はこんな感じで、内容としては8点セットに減っている。

構成

とりあえず、ひとつずつ紹介しときます・・・

両刃カミソリのハンドル。Muhle製。
【両刃カミソリは意外といいぞ】

アドニスのは金属製のだったが、竹のみみかきに変更。一応2本。

小バサミ。鼻毛以外にもいろいろ使えたりする。元々使っていたものに変更。

毛抜きは、そんなに頻用しないものの、欲しい時に無いと あぁ===(; ・`д・´)ってなる。しょっちゅう金属を削っているせいで、床に小さな金属片がいつも落ちているため、けっこう頻用しているのだけど。

毛抜きは先端の合わさりの精度と鋭さが命。アドニスのは鋭さがイマイチだったので、元々あったShiseidoのものに変更。

爪やすり。これは元々のもの。

爪切りも元々のもの。コンパクトで力強く、切れ味が鋭く、切れ味が落ちない。

先ほどの、Muhle 両刃カミソリのヘッド部分。
【両刃カミソリは意外といいぞ】

これは元々ある小鏡。あまり使う機会はないが、かさばらないので入れてあります。

そして最後に、これは両刃カミソリの替え刃。

1枚1枚薄い咬みに包まれてるので、それを10枚ほど束にして入れてます。

こうして振り返ると、爪切り、爪やすり、小鏡の3つしかオリジナルねーじゃねーか。まぁ、こうやって自分なりに中身を変えるのも楽しいもんです。

まとめ

というわけで、Muhle の両刃カミソリのせいで若干パンパンになってますが、うまいことジャストフィットで身だしなみ系の道具が手のひらに収まるわけです。

こういうこと言うとバカなフェミニストが男女差別とか言ってくるのかもしれませんが、こういう道具が少なくて済むのは「男でよかった~」と思いますね。
頭の先から足の裏までせっけん1つで済ませられるし、化粧もないし、、、
また別記事で紹介しますが、ポータブルシャワーと携帯バケツを使えばどこでもシャワーを浴びることができるし、熱湯を沸かして温度調整すればお湯のシャワーにすることもできる。
つまり、水とガソリンさえあれば、例え荒野の真ん中だろうと道具をうまく使っていつでも体の清潔を保つことができるのです。
この辺考えると、やっぱ潔癖の人とか身だしなみに色々手間のかかる人には無理だよなぁ、バイク旅は・・・Σ(゚д゚lll)

関連記事

ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: 


バイク王