【あなたに神は存在しますか?】神が死んで久しい現社で

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

超自然的で、超地上的な存在がいわゆる伝統的な「神」であったり、古典的な宗教的思考や崇拝を支えてきたものであるなら、そういったモノ共は一切が嘘偽りか・世界の事象を説明するのが面倒だからあてられた適当な口実だということは、もはや多くの人々が自覚し、そして受け入れられ、もはや意識せずとも当たり前のことになって久しいでしょう。
それが科学の成したことなのか、ある種の思考の進化なのか、分かったものではありませんが、細胞生物学であったり、分岐分類学であったり、あるいは宇宙進化論といったあらゆる英知の網の目のようなコラボレーションで、ぼくらが一体どのような存在なのかが、しっかりと言葉で説明できるようになったことが「神の死」の立役者であることは間違いないでしょう。

誰だって生きていることに意義を見出したいものです。
でも毎年桜が綺麗な桜の花をつけ、それが春の冷たい雨で思いのほか早く散ってしまったなんてことにも意味をみつけることができますか?
これは、あくまで日本育ちのとある中年男としての視点でしかないことは、よく断っておかなければなりませんが。
視点とは つまり世界の見方であったり、見え方であったり、見せられ方であったりすると思います。
イスラエルで生まれ育った人間にとってのダビデの星だったり、
古典的なカトリック教徒にとってのベツレヘムの星だったりは、
なんとなくタトゥーにしたりクリスマスツリーの先端にとりあえず置いておくのとは、認識のレベルが当然違うわけです。

だからまぁ、他人の人生というのはそういう意味ではハナから分かったものではありません。
そのぶん、自らの人生についての料簡は圧倒的に自由なはずですし、もしそうでないのなら、それは許されない思考の迫害といえます。
ある意味、伝統的超地上的な存在があったほうが手っ取り早いのかもしれませんが、普通に生きていれば、環境がつくった「神」は遅かれ早かれそのうち死んで失墜するでしょう。
だから、自らの料簡の及ぶところで、神は自分でつくることをおすすめします。
いつもみたいにアフィリエイト貼れたらいいんですけどね。
それは言葉でしかないからこそ恣意的ですが、あらゆるカタチが許されるでしょう。
あなたがカタチづくったあなたの神は、
何事にも折れない凌雲の志としてあなたの行動の選択肢を強力に牽引してくれるでしょう。
良いか悪いかは知りませんが・・・
ただし、良いか悪いかなんてどーでもよくて、
約束できるのは、そんな自作の神(?)が見つかると、生きているってなんと楽しいんだ!と、今までは味わえなかったような、すい臓の裏側から湧き上がるような情念を感じることができるでしょう。
これは変な新興宗教じみた話では、ありませんよ。