世界ツーリングの準備(気持ち扁)

【自分の価値観を持つことの大切さ】金持ち父さんだろうが貧乏父さんだろうが

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

突然ですが、
「あなたはお金持ちですか?」
と聞かれたら なんと答えますか?
おそらく 多くの人は
「いやぁ~ 全然全然 ほんと生きていくので精一杯ですよ」
とか言うのかもしれないし、
「まぁー 生活には困ってないけど お金持ちかって言われるとねぇ・・・」
とか言うのかもしれません。

現状日本で年収が1000万以上あるのは全体の5%程度といわれており、それを考えると多くの人は少ない給料で何とか日々をやり過ごし、わずかな貯蓄やたまのボーナスに一喜一憂して終わりのないラットレースを無意識に歩んでいるということです。
国からしてみれば、何の疑いもなくそのラットレースを淡々とこなし税金を納め、働けなくなったらさっさと死んでくれる国民が一番ありがたいわけで、ひどい事を言うようですが、これが事実だし、構造上それは悪いことではないでしょう。

ただ、一部のかしこい人達は ある程度自分のことを客観視してみて、以下のことに気づきはじめます。それは、

・自分が終わりなきラットレースを走っていること
・お金のために自分の時間と労働を対価として犠牲にしていること
・人生が自分のコントロール下にないこと

これはつまり、いわゆる“労働者”の特徴です。
そこで、このような人たちは色々なことを考えます。
自己啓発本を読み漁ったり、セミナーに参加したり、副業をはじめてみたり、独立を考えてみたり。
中にはいきなり投資に手を出して痛い目を見るひともいるでしょう。
賢明な人は、おそらくまずは自分の人生を自分のコントロール下に置くことから始めます。つまり、“自営”ですね。自営の大きなアドバンテージは、自分の人生に対する裁量が自分の手中に握られることです。例え労働者の時より収入が少なかったとしても、これは大きな違いです。
自営が軌道に乗り、様々な人脈や経験値を培った人は、次に事業を立ち上げるでしょう。事業とは、つまりビジネスです。末端の労働力として自分は関与せず、上流からそれらを管理することで「権利収入」を得るようになるわけです。
これはつまり“事業主”という状態で、自分の時間・労働力は対価とせず、自由な時間を確保したまま収入を得ることができるような状態といえます。投資とは、本来ビジネスにて資金力を得た人か、元々の超お金持ち(資産家など)が、それを更に増やすために行うものかもしれません。いわゆる「自分のためにお金を働かせる」という最終的なステータス“投資家”でしょう。

さて、こうやって見てみると、まるで小学生が中学生になって、そして高校から大学へ進学して というレールのように、我々には社会人として上らなければならない階段が膨大に積みあがっているのではないだろうか と思えてきます。
実際、こういったステップを、それこそ節税や事業展開、市場の判断などひとつひとつ勉強しクリアして上っていく人もいるでしょう。
逆に 今のままで幸せだから労働者のままでいいや、と思うひともいるでしょう。

あなたは、どうするべきだと思いますか?

ぼくの結論としては、別に労働者のままでもいいし、事業主になって大金稼いで投資家になってもいいし、そんなのはどうでもいいと思うのです。
どうするべきか というのは、自分が自分の人生をどうしたいのか、と重ねれば自ずと詳らかになってくるのではないでしょうか?
多くの自己啓発系メディアやブログでも

「ほら、わかったでしょ、あなたは労働者なんだよ、早く気づいて上を目指さなきゃ!」
という流れへ帰着させるばかりで、現状に甘んじるという選択肢を与えません。
純プロレタリアートであっても、人と接し、家族に囲まれ、貧しいながら幸せを築いている人はいます。金持ちは、これを所詮貧乏人の戯言と言いますが、それが真心なのか虚栄なのかは本人の価値観にしか測れないことです。
そして、ビジネスオーナーとして富と名声を築き、投資をして金を働かせ、益々の巨万を生み出す力があっても、孤独で、自己実現できず、不幸な人もいます。

ぼくがよくないと思うのは、

そもそも自分の現状すら客観視して理解することのできない無思考状態

そしてそれよりよくないのは、

自分の人生観や価値観とは乖離した基準に翻弄され、ブルジョアジーを目指すこと

だと思います。例えば、親に言われて、友達が成功してるから、見栄で、、、、などなど。
自己実現のし方も、幸せの基準や価値観も、本当にひとそれぞれ。
自分が自分の人生をコントロールし、強く切り開いていく上で、「自分が良いと思うこと」や「信念だと思えること」を常に意識して、何ものにも左右されない自分の定規を当てたうえで、労働者でいいと思うのか、金を働かせるのか、あるいは社会人を辞めるのか そんなのはなんだっていいということです。

「比較解剖学」という学問に、ぼくはのめり込んだ時期がありました。
人間と他の動物がどのように違うのかというのを、マクロの形態学で突き詰める学問です。
ゲノムの解析が進み、インパクトファクターの大きい論文は普くミクロの世界が主役である昨今、完全にオールドファッションな学問です。僕の母校である東京医科歯科大学でも、国家試験に出題されないという理由で教育課程から消えました。
標本室に籠り、様々な動物の頭蓋骨と人間の頭蓋骨の比較をしていると、ヒトという生き物がいかに特殊であるかが見えてきます。勿論その特殊性は、頭蓋骨だけで語れるものではありませんが。
生物の進化の枝の中には時折「過剰進化」という現象がみられます。特に形態においては、古代のディクラヌルス属という三葉虫や、現代でいえばツノゼミの類など 明らかに本来必要である範疇を超えた形態をしていることなどがその例えです。現代文明人類の活動はどうでしょう?これは「進化」という現象の項目として簡単に勘定できるものではありませんが、ヒトが本来生きていく上で必要な本質とは全くもってかけ離れた事象が、現代人の心のどれだけ多くを占めていることか。完全な自論ですが、これもヒトの成した過剰進化のひとつの形ではないでしょうか?
自分の価値観を持たずにただ川に流されるが如く生きるということが、人間社会という過剰進化の賜物が生み出したひとつのカタチであると、ぼくはツノゼミの異常な形を見る度に思うのです。

進化がどうの、お金がどうの、まぁそういったことはさておき、一人の人間として生きていくのであれば  自分の価値観を持ち、それを培っていくという姿勢は、漫然と時間をやり過ごし気づいたら死んでいたという人生になるのか、素晴らしい人生の走馬灯を見つつ我が人生に悔いなしという意味をかみしめ乍ら死ぬのか、それを分ける事になりかねないという意味で シャレにならないくらい大事だと思うのです。


ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: 


 

4 コメント

  1. ロジャーテイラー

    そこそこのお金を持って、そこそこ満たされた暮らしをしても結局は上には上がいるの繰り返しで、それって本当に豊かさなの?

    となりますね。タチが悪いのは稼いだらその分次の年に税金が取られるので、結局は労働というシステムから逃げれないようになってるという社会構造もホントにやってらんないなーと思います。

    三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜
    でも見にいきましょう。笑

    • 著者によるコメント

      nukker

      ロジャーテイラーさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんです。お金の多寡でいえば、ロスチャイルドやロックフェラーなどからしたらせいぜい小金持ちにしかなりません。もちろん、そこに自己実現を求めるなら、ロスチャイルドを超えるという目標をかかげるのも全然いいと思いますし 大事なのは自分がその目標に信念を持てるかです。
      労働というシステムから逃れられないという社会構造は、社会が社会として成り立つために必要なのでしょう。そして、更によくないのは、その構造に意義を唱えないような教育をすることがおそらく大きな枠組みの一環として成り立っていることです。
      子供たちはそうやって社会に懐柔された大人に育てられ、極端な言い方をすれば、奴隷として文句を言わずに働いていくよう教育されているわけです。まさに、透明な縄で縛られた奴隷ですよ。いくら憲法で自由がホショウされていようが、これはまぎれもない事実です。

      • ロジャーテイラー

        ロックフェラー、ロスチャイルドは今の社会を作ってるので超えるのはほぼ不可能ですよね。
        Amazonのジェフベゾスくらい社会の在り方を一変させてしまうほどのイノベーションを起こさない限りは難しいでしょうね。

        資本主義もほぼ成熟、というか各中央銀行がゼロ金利政策を使わねば今の世の中が成立しないという行き詰まってきている現代において、今後どうなって行くのかというのは世紀末感があって最近は注視しています。

        なんとなく生きて、なんとなく死んでいくようなシステムを作り上げたのはGHQなのか、はたまた1990年代のアメリカによる日本潰しのせいなのか。

        いずれにしても人生に無頓着な人間の多いことですね。かくいう私も仕方なく世の中の経済の歯車の一部として奴隷のように生きていますが。

        • 著者によるコメント

          nukker

          ただ、AMAZONも ただ金儲けをしているだけではなく、人のためになることをつきつめた結果のようにも思えます。結局、多くの人に受け入れられることというのは、ひとりよがりではなく 人のためを考えるという姿勢が根本にあるようです。
          資本主義も社会主義も、学問として定義はできても、実際の社会構造はそのどちらでもないはざまを浮遊しているようではないでしょうか?日本を視点にみえる多々の問題は、結局”敗戦国だから”という理由付けで片付けてしまえるのではないかという気さえします。教科書に真実が書かれていない以上、実経験のない我々末端ができるのは勉強して予想することだけですが、GHQによる多方面での操作がいまだに、そしてこれからも日本の社会に影を落とし続けるのは避けようのないことでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください