【海外でのお金の管理】デビット?クレジット?プリペイド?

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

本ブログでは、キャンプ道具やアウトドア関連に話をもっていくことでブログPVを稼ごうという姑息なまねをしておりますが、あくまで本筋は海外バイク旅をマニュアル化すること。マニュアルという言葉は好きではないので、他の言い方をするのであればある種の道筋提供とでもいいましょうか。

そんなわけで、今回はかなり実用性のある”お金”の話をしようと思います。
海外だろうと極力フルキャンプで節約するぜ、というひとにとっては寝袋をどうするテントをどうするという問題は確かに大事ですが、
ほとんどのツーリストにとってはネットワークの管理やお金のやりくりの方がはるかに現実問題として直面する機会が多いことかと思います。

バイク世界旅での支出管理は?

以前、【出発前にクレジットカードとデビットカードをつくっておこう】の記事でも紹介した通り、銀行にひもづいたクレジットカードやデビットカードはある程度の社会的信用がないとつくるのが難しかったりするらしい。
なので、住民票を海外転出し、無期限放浪を予定しているのであれば、まだ仕事をしている内にこういったものは用意しておくのがよいでしょう。

実際、海外での支出は
・現金払い
・デビット払い
・プリペイド払い
がメインになるかと思います。
クレジットやATMキャッシングは、借入みたいなものなので、出納管理が不透明になりやすいからです。

なので、先の記事でクレジットカードを紹介はしましたが、今回は実働するであろうデビットカードとプリペイドカードを中心に紹介し、
それぞれを実際に使用した際の手数料の違いなどを比較してみようと思います。
各カードを比較したオリジナルの表も作成してみたので、参考にしてみてください。

SMBC Visa Debit

SMBC Visa Debit カードは、今までメインで利用していた三井住友銀行の口座とひもづいたデビットカード。特に対応通貨が多いとかそういった特徴はないため、ただの予備として持ち歩き、実際は口座にもあまりお金はいれないでおく予定です。他口座からの一時的な避難先といった使い方か、日本からの振り込み用などとして利用するかもしれません。

Sony Bank Wallet

ソニー銀行の発行するソニーバンクウォレットは 円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナの11通貨に対応したマルチカレンシーVisa Debitです。
この口座の特徴は、オンライン上で外貨口座を開設し、その口座に対象通貨の外貨を預金しておくことができることです。
実際にチャージしなくても、外貨口座を開設しておくだけも無料でできます。
対象通貨の外貨購入はソニー銀行独自レートでのTTSとなり、開設済み口座の通貨であればATM引出も、デビット払いも、余計な手数料を省くことが可能です。勿論、円口座のみでの使用や、対象通貨以外での利用も可能ですが、その際は事務手数料が発生します。

Prestia Global Pass

SMBC信託銀行の発行する プレスティア・グローバルパスは円、米ドル、豪ドル、ニュージーランドドル、英ポンド、カナダドル、ユーロ、スイスフラン、シンガポールドル、香港ドル、人民元、タイバーツ、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、デンマーククローネの18通貨に対応する多通貨VisaDebit一体型キャッシュカードです。
やはりオンライン上でプレスティア独自レートTTSでの外貨購入が可能で、購入した外貨預金の範疇であれば、やはり手数料を抑えての利用が可能になります。そして、円のみでの預金の場合(外貨フルバック)や対象通貨以外での利用も、別途手数料を伴いますが可能です。

Manepa Card

株式会社マネーパートナーズが発行するマネパカードは 円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの6通貨に対応するマルチカレンシーのプリペイドカードです。
今までのデビットカードと大きく異なるのはプリペイドであるため、所定の口座から自由にカード内のチャージ量を調整できることです。
口座に100万円あっても、5万円しかチャージしてなければ使いすぎも防げますし、盗難の際にも被害を最小限にすることができます。
また、マネパカードもオンライン上で対象通貨の両替が可能です。レートはマネパ独自で、1通貨単位につきマネパの設定する手数料がかかります。
あとは、チャージ内での利用は上2つのカードと同じように、両替済通貨での即時利用が可能ですし、対象通貨以外や円チャージのみでも自動両替をONにしておけば手数料を伴い利用が可能です。また、Visaが使えない地域もあるため、マスターカードという引出があるのは、やはり大きいでしょう。

Revolut

Revolut はイギリス発のチャレンジングバンクが提供する金融アプリです。Revolutに関しての細かい事は別記事を調べていただけたらと思いますが、
2020年から日本でも利用ができるようになりました。
Revolutの特筆すべきは、まず対象通貨が
円、アラブ首長国連邦ディルハム、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、チェココルナ、デンマーククローネ、ユーロ、英ポンド、香港ドル、ハンガリーフォリント、イスラエル新シェケル、ノルウェークローネ、ニュージーランドドル、ポーランドズウォティ、カタールリアル、ルーマニアレイ、スウェーデンクローナ、シンガポールドル、タイバーツ、新トルコリラ、米ドル、南アフリカランドの23通貨と圧倒的1位で多いことです。
また、ひもづいた口座は持たず、他の口座からのアプリ内への入金をベースに両替を行ったり、VisaDebitとしての支払いに利用することができるので、非常に便利です。アプリ内からリアルのカードも申請することが可能で、1週間程度で手元に届きました。

アプリ内ワンタッチで両替

ただ、他に比べ仕様変動が大きいようで、つい今年の8月にも手数料のマイナーチェンジが行われ、今後もこのような動向は他のツールに比べ大きいかもしれません。

それぞれのカードの繋がり

各々のカードの繋がりの概念図としては上のような感じです。
スマホアプリはあるものとないものがありますが、別になくてもオンラインのWeb会員サイトで様々な手続きは可能です。
この中で、実際に自分の口座にひもづいているのは SMBC VisaDebit / Prestia global pass / Sony bank wallet の3つですが、マネパカードも自分の口座のように入金を受け付けることができるため、あらかじめ4つの口座はお互いにお互いを振り込み先として登録しておきます。
これにより、ネットワーク上で自由にお金を避難させたり、故意に移動することができます。勿論、その都度入力すればいいのですが、振り込み先として登録しておけば作業がスムーズです。
更に、Revolutアプリの入金操作で4つのカードを登録しておけば、やはりスムーズに指定カードからRevolut内へのチャージが可能です(いまのところ入金なしに登録する方法がわかりませんが、入金手数料はかかりません)。
例えば、メインで円預金を入れておく口座をPrestiaとしましょう。
イスラエルののATMで新シェケルを引き出す、となったら
Prestia Global Pass → Revolut 内へ円の入金 → Revolutアプリ内で円→新シェケルへ両替→Revolutカードを使って現地ATMから現金を引き出す
といった使い方ができるわけです。
勿論、取り扱う通貨や、その単位によって、どのカードを使うべきかは考える必要があります。
その指標のひとつが、手数料です。

各カードの手数料比較

そこで、実際に現地で使うであろう4つのカード(SMBC VisaDebit は除外)の各シチュエーションでの手数料を比較してみます。
各シチュエーションとは

・対応通貨を現地ATMで引き出す
・非対応通貨を現地ATMで引き出す
・対応通貨でのデビット払い
・非対応通貨でのデビット払い

です。

両替
外貨購入
現地ATM引出
(対応通貨)
現地ATM引出

(非対応通貨)

VISA/MASTER

デビット支払

(対応通貨)

VISA/MASTER

デビット支払い

(非対応通貨)

SONY銀行
10通貨
SONY銀行独自レートでのTTS ※外貨口座あり

・事務手数料1.79%

・現地ATM手数料

※外貨口座なしも同じ扱い

・事務手数料1.79%
(VISA為替コスト)

・現地ATM手数料

・海外ATM利用手数料220円/回

※外貨口座あり

・なし

※外貨口座なしも同じ扱い

・事務手数料1.79%

(VISA為替コスト)

MANEPA
5通貨
MANEPA独自レート+
1単位につき
$(2.5円)€(3円)£(4円)
AU$(2円)

HK$(0.35円)

※対応通貨のチャージあり

・各通貨以下一律のATM手数料

2$

1.75€

1.5£

2.5AU$

20HK$

・現地ATM手数料

※対応通貨のチャージなしも同じ
・2%のクロスボーダー手数料(MASTER為替コスト)・ATM手数料2$

・現地ATM手数料

 

※対応通貨のチャージあり

・なし

※対応通貨のチャージなしも同じ

・2%のクロスボーダー手数料

(MASTER為替コスト)

PRESTIA

17通貨

PRESTIA独自レートでのTTS ※外貨預金あり

・現地ATM手数料

ただし、プレスティア提携シティバンクであればなし

※外貨預金なしも同じ

・3%手数料
(VISA為替コスト)

・現地ATM手数料

・なし ※外貨預金なしも同じ

・3%手数料

(VISA為替コスト)

Revolut

22通貨

平日であれば75万円/月まで無料

以後追加分につき0.5%

土日は1.0%

THBとUAHは平日1.0%,土日2.0%

25,000円/月まで無料

以後追加分に2%

・現地ATM手数料

25,000円/月まで無料
(VISA為替コスト)以後追加分に2%・現地ATM数料
・なし なし

(VISA為替コスト)

Revolutの非対応通貨でのATMに関しては不明で、まだちゃんと調べる必要があります。
※基本的にチャットサービスや電話で直接問い合わせ確認したことなので、現時点で間違いはないと思いますが、あくまで利用にあたってはご自身でしっかりと調べてください。

この表を見ると分かる通り、Revolutの手数料の低さは特筆すべきものがあります。しかも両替手数料も平日であれば75万円まで無料ですし対象通貨も多いため、Visaが使えるのであれば基本はRevolutカードが最強という結論になりました。
あとは、扱う通貨や単位によって その都度適当なものを選びながら使うといった感じでしょうか。
例えば、他のATM手数料が引出額に対しての割合なのに対し、マネパカードは引出額に関わらず一律ですから、
$1=¥100のレートとして、外貨チャージないし外貨預金がある状態では、$100を引き出すなら
ソニー銀行→179円+現地ATM手数料
マネパカード→200円+現地ATM手数料
ですが、
$500引き出すなら
ソニー銀行→895円+現地ATM手数料
マネパカード→200円+現地ATM手数料
となり、けっこう違ってきます。
ただ、厳密にはその元手となった外貨をチャージした時のレートはどうだったのか、とか 円換算される時のVisaレートに含まれる可能性のある為替コストはどうなのか、 とか 考え出すとわけわかんなくなるわけですが・・・・。

まとめ

いままでは円を現地の両替屋で現地通貨にして利用したり、高額なクレジットカードの手数料もやむなしに決済をおこなっていた時代ですが、これからは様々なツールを利用して、より節約した使い方ができるようになっています。
海外バイク旅とはいえ他通貨の国で一定期間生活するという意味では海外出張や留学と同じなので、今後も他の海外生活者さんの情報などに目を光らせておこうと思います。

関連記事
【仕事を辞める前に、つくれるカードはつくっておこう】