【クレジットカード デビットカードを沢山つくっておこう】 社会的信用のあるうちに

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

長期の旅に出るのであれば、お金の問題はどうしてもつきまとう。
社会から逃げるように旅に出るというのに、結局社会の権化のようなお金の問題に悩むというのは、なんともいえないけど、結局そういう枠組みから完全に解放されるなんてことはできないわけだ。山奥で自給自足の生活でも始めない限りは、社会が用意してくれた色んなお膳立てを利用して旅をするしかない。その代償としてお金は必要なのだ。
今の時代は便利なもので、国内の預金を海外のATMで現地通貨として即時に引き出したり、キャッシングすることができる。
ただし、それをするためには色々な「カード」が必要になってくる。
今回はそんなお金のやり繰りをするためにぼくがつくったカードを紹介しようと思う。

なぜつくっておくべきか

それは簡単なこと。

仕事を辞めるから。

ちょこっと海外旅行ではなくて、がっつり長期で海外旅をするために仕事辞めるわけで、そんな仕事辞めて海外ふらついてるヤカラを銀行が信用してくれるわけがない
なので、国内で安定した職について収入もあり、銀行からの信用がある内にカードや口座の類はつくっておいたほうがいい。
電話での問い合わせで間違っても「バイクで世界放浪するためのお金を~」などと口走ってはいけない。あたかも今後も国内でしっかり稼ぎますよーと装いましょう。つくってしまえばこっちのもんなので。

口座もカードも複数用意すべし

これは先輩ライダーからの教えで、確かにその通りだと思った。日本ではまず考えられないけど、海外だと ATMからカードが戻ってこない なんて事も起き得るし、勿論盗難のリスクもある。
もしも口座1つとそれに関連するカード1枚しかなかったら・・・・・
そこで終了のお知らせになってしまう。
そこで口座もカードも複数つくり、なおかつそれぞれの口座情報をネットで常に監視・管理できる環境をつくっておくといい。

口座Aが使えない状況になったら、ネットバンキングですぐに口座Bへ送金してしまえば、被蓋は食い止められるし、口座B、Cと予備口座があればそこからの出金で旅を続けることができる。

普段つかっているクレジットカードの機能を拡張しよう

ぼくは三井住友銀行をメインの口座としてつかっていて、世界1周とは関係なくキャッシュカード/クレジットカード1体型のカードをつかっていた。

SMBCカード

これの海外での機能としては
・海外VISAマークのあるお店でクレジット払いができる
のみ。
ただし、海外でのキャッシング増枠の申し込みをすることで、海外ATMでの現地通貨を引き出す機能を付与できる。気を付けなければいけないのが、これはあくまでATMキャッシングで、即時ではなく、翌月に口座から引き落とされることになる。
元々海外でのATMキャッシングか可能なのかどうかはカード裏側の電話番号に問い合わせれば教えてくれる!

EPOSカード

ぼくはたまたま以前住んでいた賃貸の家賃をEPOSカードで支払っており、三井住友の同じ口座を登録していた。全く使っていなかったけど、確認したらEPOSカードは元々海外ATMキャッシング機能が付いている。
つまり、SMBCカードの海外キャッシング増枠状態と同じカードとして扱えるわけだ。

国内のメインバンクでデビットカードをつくろう

ごく普通の海外旅行であれば、空港や町の両替屋で日本円を現地通貨に替えて、大きな買い物などはVISAなどのクレジットで決済する、というのが一般的だろうか。
ただし、世界1周ともなると様々な国で通過を引き出すことになるし、そもそもクレジット払いだと翌月請求で出納がやや分かりづらい
そういう意味ではデビットカードが非常に分かりやすい。VISAデビットなどであれば、お店での支払いがその時のレートで計算され即時で口座から引き落とされるからだ。これであれば、まさにキャッシュレスで現金を使っているような感覚なので、ネットバンキングで確認しながらお金の管理がしやすい。
普段自分がつかっているメインの口座でデビットカードをつくるのがいいだろう。
ぼくの場合は先ほどのキャッシュカード一体型のクレジットカード(SMBCカード)の対応口座でデビットカードをつくった。口座が共有されているので、非常に簡単につくることができる。

SMBC VISAデビット

このカードであれば、VISAマークのあるお店やPLUSマークのあるATMで即引き落としでカード決済が可能になる。

VISAデビットを更につくろう

ここまででは、まだ口座がひとつしかない状態。

なので、VISAデビットの予備となる別口座を開設し、それに対応したVISAデビットをつくろうということになる。

SONY銀行 VISAデビット

まずひとつはSONY銀行だ。
以下リンク先より

 “Sony Bank WALLET は、ソニー銀行の11通貨対応Visaデビット付きキャッシュカードです。年会費・発行手数料ともに無料です。Visaデビットとして国内でのお支払い、またはショッピングで最大2%をキャッシュバック。海外では世界200以上の国と地域でショッピングできるほか、現地通貨がATMから引き出せます。”

SONY銀行 VISAデビット

ということで早速口座を開設し、デビットカードをつくりました。スマホのアプリも充実しており、口座情報などが即座に確認できるのもいいです。

SMBC信託銀行PRESTIA VISAデビット

もうひとつはSMBC信託銀行が発行するGLOBAL PASSなるVISAデビット。
以下、リンク先より

“世界 200 以上の国と地域のVisaまたは
PLUSマークのATMで現地通貨を引出せます”

“世界 200 以上の国と地域のVisa加盟店、
オンラインショッピングでご利用いただけます”

SMBC信託銀行PRESTIA VISAデビットカード

こちらも口座を開設し、デビットカードをつくりました。SONY銀行に比べると、やや手続きは煩雑だったような。純正のアプリもたぶんない、、、でもカードはかっこいいですね。

まとめ

というわけで、現状全部で5枚のクレジット/キャッシュ/デビットカードをつくるにいたりました。
それぞれの機能をもう一度おさらいすると、

海外ATM即引き出し 海外ATMキャッシング 海外お店での即引き落とし 海外お店でのクレジット払い
SMBCカード
SMBC VISAデビット
EPOSカード
SONY VISAデビット
PRESTIA VISAデビット

ということになるのかな。
基本的にはデビットカードをつかうことになると思うけれど、クレジットもなにかのために持っておいた方がいいでしょう。
あと、できればVISAだけではなくて、MASTERCARDもつくっておくと、あらゆる場所に対応できそう。今後の課題です。