【ロシアへの橋掛け】DBSクルーズフェリーが業務停止だと??!

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

日本は島国だ。

なので、バイクで世界に出るためには どうしたって海を渡らなければならない。未来に、水陸両用の一般向けバイクなんてのが開発されて、しかも航路も一般使用可能になるなんてことがあれば、それはそれでめちゃくちゃロマンのある話だけど・・・

なので出発の方法としては

1.バイクを船で送り、自分は飛行機で現地へ
2.バイクも自分も船に

の2択だ。

https://untravelledpathsblog.wordpress.com/2012/08/22/in-pictures-lake-koman-ferry-ride/

そしてぼくのように時間無制限&交通費になんか金はかけたくねぇ!ってタイプの人間は当然 2 を選択するわけで、そういう場合日本からの出発者の窓口とも言えるようなポジションなのが

ロシア極東の街 ウラジオストクだ

以前は富山の伏木港とウラジオストクを直接結ぶ「ルーシ号」があったが、2009年には運休

北海道の稚内とサハリンのコルサコフ港を結ぶハートランドフェリーもあったが、2015年9月にて撤退。その後2016年からロシアのSASCO ( Sakhalin Shipping Company)と日本の北海道サハリン航路会社により運航が引き継がれた「ペンギン32」はそもそもバイクの運搬が不可でやはり運休の見通し→【稚内市 サハリン定期航路 】

最後の頼み DBSクルーズフェリーによる「イースタンドリーム」は韓国のトンヘ港を経由地として鳥取の堺港とウラジオストクを結んでいたが、なんと日韓関係の悪化により急遽2020年1月 業務停止を発表!!→【DBSフェリー 業務停止】

これでロシア本土と日本を結ぶ定期的な一般向け船舶は皆無という状況になってしまった・・・

自分が出発するのは今から2年後くらいになると思うが、、、、この状況はどうなるのだろうか?

もし現状がつづくようであれば、やむなく自分は飛行機で行くか、貨物船に乗り込む手段はないだろうか・・・

関連記事
【ウラジオストクへの道】
【DBSフェリーから頭沅商船へ イースタンドリーム号の復活】