【バイクの話】 エンジンの回転数から仮想速度を計算する

こんにちは、離婚・退職して世界1周を目指す歯科医ライダーの管理人です。

エンジンの回転を後輪に伝えることで走るバイク。
今回はそのエンジンの回転数からバイクが進む仮想速度を計算してみよう。

バイク王

減速比から、後輪の回転数を求める

【1次減速比・2次減速比とは?】 の記事にて、エンジンの回転数から後輪が毎分何回転で回るのか を求める趣旨について説明しました。後輪の回転数がわかれば、およその速度を計算することができるわけです。

CBR400RR Rothmans

今回は、具体的に、愛車CBR400RRのスペックを元に計算してみよう。

1速 3.3o7
2速 2.352
3速 1.875
4速 1.590
5速 1.434
6速 1.318

上の表がCBR400RRの6速各ギアにおけるミッションの減速比。
これに加え、この車体は

1次減速:2.117
2次減速比:2.6

と決まっています。

例えば、5速で6,500rpm だとすると、

[ 6,500 ÷ 2.117 ÷ 1..434 ÷ 2.6 = 約 823.5 ]

となり、後輪は毎分823.5回転することになります。

後輪の1回転分の距離を求める

次に、後輪が1回転するとどれくらい進むのかを求めましょう。
といっても、これはタイヤを正円と仮定したときの大まかな円周の長さとします。

これを求めるのに必要な情報は、タイヤに表記されている
タイヤ幅/扁平率
ホイール径
CBR400RRはそれぞれ

タイヤ幅/扁平率 : 150/60
ホイール径 : 17 inch

なので横から見た時のタイヤの高さは

タイヤ幅 × 扁平率 つまり 150mm × 0.6 = 90mm

となり、また、17 inch = 431.8mm

なので、横から見た時の後輪のタイヤを含めた直径が 611.8mm

となります。
したがって後輪の円周の長さは

611.8mm × π = 約 1921mm

とわかりました。
mm → km に換算しておくと、

0.001921 km なので、後輪が 1回転すると 0.001921km進む ってことですね!

仮想速度を求める

先ほどの設定にもどると、

「CBR400RR が 5速で 6,500rpm で走行している」状態は
「1回転で 0.001921 km 進む後輪が、1分間に 823.5 回転している」状態

に置き換えられる。
したがってこの時の速度(km/h)は

0.001921 × 823.5 × 60 = 約 95 km/h

と、仮想速度が算出されるわけですね ♪

まとめ

本当の実測速度は路面抵抗や空気抵抗があるため、もっと遅くなるので、この計算にどこまで意味があるのかは ? だけど、自分のバイクのスペックとタイヤのスペックを元にちょっと計算してみるのも面白いのではないだろうか?
ギア比や回転数・速度の関係を意識しながら乗るのも、またひとつバイクの楽しみが増えるかも😊

関連記事
【1次減速比・2次減速比とは?】

【エンジンブレーキとは何か?】


ブログランキングに参加しています。いいね と思ったらクリックをお願いします!↓↓↓

 にほんブログ村:にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
人気ブログランキング: